どうしたの、渡辺さん?

先日こんな記事をちょこちょこと書いていたんですが、
ここにきて選手会スト確立やら渡辺オーナー辞任やら
動きの激しさに、このカラ頭ついていけません。

渡辺オーナーの件は「へぇ~?」
なぜ、今このタイミングでなのか?と
ニュース記事をいくつか読んでみましたが
まず思ったのは
「陰でいろいろやるほうが目立たずにできそうだ」
「あえて一場投手の名前を出しているってことは
 選手に『次はオマエらだぞ』って脅しだろうか」
という2つでした。

もしかしたらウラなんてないのかも、だけど、
まぁ、あの渡辺さんにしてこんな引退理由では、
コトバ通りに受け取れってほうが難しいかと。
さまざまな憶測が乱れ飛ぶのも無理はありません。

選手会のストへの後押しムードを受けて、
選手会のイメージダウンを図ったもの・・という
見方には納得してしまいます。が。

確かに「選手も結局裏金とかもらってるのに」と、
ストに冷ややかになる人はいるだろうし、
選手のイメージダウンにもなります。
ただ、その前提としては、裏金なんてみんなやってる
という見方があるわけで、そうなると「渡す側」の
他球団のオーナーたちにも矛先は向けられるのではないでしょうか。

あと、勇敢な(?あるいはなんも考えてない)選手が
万が一「裏金もらいました、すいません」と
突然記者会見開いて土下座でも始めたらどうでしょう?
選手を引退はしないまでも、
「もらったお金は今からでも返します」とか言っちゃって。
(そんな選手いるとは思えないけど)

そうなると、マスコミも嬉々として食らいつき、
「裏金リスト」とかあっという間に作成して、
球界は年金国会みたいにアッチョンブリケにまっしぐら。

・・・なんていうのは考えすぎでしょうか?

どちらにしろ、ここで裏金の話を出し、
渡辺さんが辞任をしてしまった以上、
プロ野球はさらに混乱へと向かいそうです。

「野球選手になりたい」と真剣に語る中学生が身近にいます。
彼はこういうニュースを見てどう思うんでしょう。
彼に「どう思う?」と問われたら、なんて答えたらいいんでしょう。


阪神が2リーグ維持に向けてセリーグ球団を説得し始めた頃
渡辺オーナーは「こちらにも考えがある」と言っていましたが
これがその「考え」なの?

今のプロ野球がもうどうにもならないから、
ここで一度球団もシステムもなにも全部チャラにして
一からやりなおそう・・とでもいうのでしょうか。

それならそれでいい。

プロ野球が全部壊れてしまったとしても、
もしも、そこから始まるものがあるのならば、
私はそれを応援していきます。


とりあえず、もう一人の当事者、一場投手は本当にお気の毒。
このお顔を見たら・・・なんだかやりきれないです。
[PR]



# by namit100 | 2004-08-13 23:47 | 野球をみる

オリ&近鉄合併調印

遅ればせながら、今日になってニュースで知りました。
古田選手会長は「ニコニコ笑ってた。楽しいですか?」と激怒していたとのこと。
当然です。
経営が成り立たなくなっての合併だというのに、
トップがへらへらと会見している企業なんてありえません。

プロ野球球団の合併は最終手段ですし、行う球団には説明責任があります。
公式ページに「ファンの皆さまへ」と題して、
「来シーズン以降は新チームに対してよりいっそうのご声援を賜りますよう」
などと書く近鉄さんはこんな程度のこともおわかりにならないようですが。


「1リーグか2リーグか」という点に関しては、
消化試合が激増しないようなシステムをつくれるのであれば
どちらでもかまわないと私は思っています。

わかりやすい「プロ野球1リーグ制がダメな理由」
↑このサイトを見ていても、結局1か2かが問題ではないのだと
わかるし、多くの人がそのことに気付いています。

上記サイトの中でも引用されているこのページを読みました。
随想で今回の球界の件について「本当に不思議だ」と何度も書かれています。

私だって不思議です。

20年以上もプロ野球を見てきたのに、そのしくみについて何も知らず
何も考えてはいませんでした。
FAとか自由枠とかにちょっとした反発があったくらいで。
今回の件があって初めて、野球界の構造そのものに目を向けるようになったのです。
そういう方はけっこう多いのではないでしょうか。

今回の合併が投げかけたものは貴重です。
本当の意味での球界再編につながってくれればと切に願います。
あのオーナーさんたちがいるかぎりは険しい道ですが。

巨人が強くなることで、プロ野球界が発展した時代というのは
確かにあったんだと思います。(V9とかONとか・・リアルタイムでは知りませんが)
でも、今はそうじゃない。

巨人戦の視聴率低下が言われていますが、この原因は
よく言われる「若者の野球離れ」と共に、
巨人ファンが巨人を見限っていることにあるのだと思います。
昨年のペタジーニ加入、今年の小久保・ローズ加入で
「もうどうでもいい」と巨人を応援しなくなった巨人ファンが
私の周りには何人もいます。

渡辺オーナーさんが巨人を強くしたいのなら、
プロ野球自体を盛り上げることで巨人を強くする方法を考えていただきたいものです。
[PR]



# by namit100 | 2004-08-11 23:55 | 野球をみる

志賀高原編③:来てよかった。しみじみ。

逆回りのおかげで、大集団とは別方向に分かれ(ありがたや)
裏志賀山~志賀山へと向かいます。
大した山でもないだろうと見くびっていたら、けっこう急な登り。
と、前方から「やっほー!」の声。しかも連続で。やまびこ実験?
声はすれども姿は見えず。
姿は見えずとも新たなる小学生グループであることは間違いない。
間もなくやっほー集団とすれ違います。すれ違った後もまだやっほーしてました。

b0008526_155541.jpg裏志賀山頂へは、本道から分岐を分かれて往復です。
途中の見晴らしから大沼池が眼下に見渡せます。
これまた美しい風景。(大集団もいないし)
風も涼しくて気持ちいい。
山頂はうっそうとしてぬかるみ、
小さな祠があるだけですが、その先からも大沼池が見下ろせます。



b0008526_162845.jpg分岐まで戻り、次は志賀山へ。
実は、この裏志賀山-志賀山間の道を歩きたくて来たんです。
(本当は志賀山→裏志賀山の順のはずだったけど・・)
b0008526_163997.jpg
ササとハイマツの緑の谷、振り返れば下には志賀の小池。
ここに来られたことが嬉しくて嬉しくて、
ゆっくりゆっくりと四方を眺めながら歩を進めます。
あぁ、来てよかったなぁと思える道っていいですね。


志賀山山頂から下っていくと、今度は幼児の小集団。保育園かな?
最初のグループからちょっと遅れて次のグループがきます。
先頭の大人(以下:大)と、その後ろの幼児(以下:幼)のお話。
大「○○ちゃんが遅れたら、みんなに迷惑かけるのよ」
幼「ハイ!」
大「ワガママばっか言ってたら置いてっちゃうよ。いいの?」
幼「イヤです!」
大「じゃあ、がんばろうね」
幼「ハイ!!!」(すさまじい気合い)
・・・すごい。エースをねらえみたい。
子どもって大人が思うよりもがんばれちゃうのかも。



b0008526_165119.jpgさて、最後の池、渋池です。
浮島付きの湿原っぽい池、
正面には横手山が見えます。


その後は怠惰にリフトで降り、目の前の日帰り温泉に直行。
ここも、前日泊まったところも、平日のためか一般客はあまりいなくて
かけ流しのキレイな温泉をひとりで使えました。
これもまたゼイタクな体験です。

夏の志賀高原、けっこういけます。ただし、遠足・林間学校のメッカです。
今度はもうちょっと人の少ない時に行きたいもんです。いやはや。
[PR]



# by namit100 | 2004-08-10 01:19 | 山をあるく

志賀高原編②:えっ、女子大生も!?

b0008526_056085.jpgさて、そうこうしているうちに、四十八池湿原に到着いたします。

←こんなとこです。
人っ子ひとりいない静かなトコロっぽいでしょ?


とんでもありません。


着いた瞬間目に飛び込んできたのは、木道を埋めつくす、人、人、人。
それも、ほぼ全員女の子。どうやら女子大生っぽい。
まじですか?近頃は大学でも遠足あるんですか?

40~50人くらいがひとグループになっていて、
各グループの前と後ろに無線を持ったガイドさん風の人がいます。
それが延々、もぉ本当に延々何グループもやってくる。

しかも彼女たちはなんだかやたらと礼儀正しい集団で
すれ違うと口々に「こんにちは」とにっこりごあいさつ。
礼儀正しいのはいいけど、こっちは何回「こんにちは」を言えばよいのか?

「こんにちは」マシーンと化しながら、
やってくるグループの間隙をぬって写真を撮りまくります。
ここまできて、なぜにこんなに忙しいのでしょうか。

この大々的集団をやり過ごそうと、湿原の端で休憩していたら、
背後からひたひたと迫りくる黄色い帽子集団の影。むむっ。

「15分休憩ですよー」という先生の声を耳にして、
それから10分後に出発したのは言うまでもありません・・。
[PR]



# by namit100 | 2004-08-10 01:00 | 山をあるく

志賀高原編①:独占!大沼池

b0008526_0504541.jpg









志賀高原といえばスキーのイメージ。が、
夏もいいよ!という雑誌の記事を見ていて、ムラムラっ。
7月下旬の平日、衝動的に行くことにしました。
スキーでも行ったことないので、初の志賀高原。

まわったのは「池めぐりコース」、いきなりバスに乗り間違え、
フツウとは逆まわりになってしまったけど。

バスを降りて4kmほどの林道を歩きます。
ごくゆるやかな上り、でもさすがに林道だけに、とっとと歩けちゃいます。
けっこうあっという間に、志賀高原最大の池である大沼池に到着してました。

朝早くの逆回りだけに、だーれもいない。
不思議な水色の美しい池畔の風景を独占です。ゼイタクです。
静かな水面に山が映り、穏やかな気分。
その水に触れてみたかったけど、ph4.4の強い酸性だそうなので、
ちょっと怖くてパスしました。

しばし休憩の後、大沼池を出発。しばらく歩くと
前から黄色い帽子をかぶった小学生集団がぱらぱらとやってきました。
遠足か林間学校っぽい、あれ、でも今って夏休みじゃぁないか。
最近は夏休み中にやるんでしょうかね?

「せーのっ!」で「こーんにちはー!!」と絶叫するグループあり、
うつむき加減で「もぉだめだ・・」とつぶやく子もあり、
「なんでこんなことしてるんだよー!」と笑い転げてる子たちあり。
それぞれが、ぬかるみの道をがんばって歩いていました。

ようやく一般のハイカーさんたちともすれ違うようになってきました。
b0008526_0505423.jpg
[PR]



# by namit100 | 2004-08-10 00:53 | 山をあるく

野球中継は何時まで?

ジャイアンツの佐藤宏投手という人を初めて見ましたが、
あのテのメガネの似合い具合では小宮山投手に勝る人はいません。

ともかくも本日の阪神は、守備へこへこ、ホームランぼんぼん、
なんだか巨人が乗り移ったような感じでした。
中継ぎと抑えが打たれて負けるトコまで。(んなとこ乗り移らんでよろし)

勝ち試合だったんですけどね。まじで悔しい。
最後のほうは、もぅ見ているのが苦しくなってきて
早く中継終わってほしいぐらいだったのですが、延々続く野球中継。
え?まだやるの?と思いながら最後まで見てしまいました。
最近の巨人戦中継延長って、試合終了までやるんですか?(サンテレビか?)

さて、藤本選手のアテネ出場で大チャンスの鳥谷選手ですが
守備はまだなんとなくぎこちないっつーか、なんつーか。
今日も行きすぎてみたり、ぼけっとしてみたりで、ぅわわわ。
早く久慈の出番にならんかいなとちょっと思ってみたりします。

久慈選手といえば、中日移籍したばかりの頃には、
「冗談のようなショート」福留選手にかわって
やはり8回くらいから守備固めで出てくるのがお約束だったもんです。
7回までのどきどき→8回からの安心安心の感じが
今の阪神ショートも似ています。

福留選手は結局外野手となったのでよかったけれど、
鳥谷くんはショートでやっていく人っぽいので、さらなる精進にお励みください。
まだ先は長いので、失敗はたくさんあっていいんでしょうが
キラリとイカシテルところを見せてほしいです。期待してまっせ。
[PR]



# by namit100 | 2004-08-08 23:28 | 野球をみる

なんといっても今日は。

サッカー日本代表、おめでとう!!
結局は、どんな状況の中であっても
冷静に集中してできる人が一番強いってことですね。

今日は中継を全然見ることができなかったけど
どれほどの大ブーイングになっていたか見たかったもんです。

ついでの野球はといえば
本日の阪神は延長12回で引き分け。
こっちも全然見てはいないんですが。

しかし・・・18:00から始まって、
ナゼに終了がサッカーより遅いのか。
このバカげた試合時間はなんとかならんのでしょうかね・・・。
[PR]



# by namit100 | 2004-08-07 23:32 | 野球をみる

今さらぶろぐ。

突然思いたったので、こちらのブログにおじゃまです。

阪神が巨人に2年連続の勝ち越しを決めた晩に。(いぇい)
[PR]



# by namit100 | 2004-08-07 02:25 | 毎日のそんなこんな

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

画像一覧