<   2005年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧




虎ちゃんも気になるけど・・マリーンズ。

さて、私が暑さの中で全身の老廃物を垂れ流していた頃、
マリーンズは渾身の爆勝をしていたそうで。

えー。
ベニーちゃんの退場とか
1回にいきなり二死満塁から点を取れたとか
オオツカアキラ氏3ランとか(嬉しいよー)
初芝様の今季初ホームランとか(!)
今江さんの猛打賞とか
相変わらずの福浦さん猛四死球賞とか
俊介さんの無四球完投とか
橋本選手のヒーローインタビューとか
・・・なんやらいろいろあったみたいですが。

なんつーか。「やることが極端なんだよ!」

昨日の完敗試合はなんだったんだーーーーー。
いや、昨日の完敗があってこその、今日なのか?
公式さんに載っていた橋本選手のインタビューによると、
昨日はボビーさんもカミナリ落としたようだし。ぴしゃっ、ごろごろ。

昨日も今日も試合を全然みていない状態で言うのもなんですが、
もう、ほんとね、昨日の負けっぷりはけっこう堪えたんですよ。
やるべきことが、なにひとつできていないんじゃないか、と。
で、ですね。今日の勝ちっぷりは、非常にゲンキンに喜んでますよ。
ホークスは、確かに強い。けど、マリーンズ、闘えるじゃん、と。

個人的にいえば、5ゲーム差がどうこうっていうのは、
ほんとにどーでもいいわけでして。
ひとつひとつ、しっかりたたかう姿勢で試合をやってくれれば、
負けてもなにかが残る試合をしてくれれば、と願っているわけで。

今日みたいな勝ちがあっても、さぁ、勢いに乗っていけるか?
というのは、次の試合をやってみるまでわからん、というのが
今のマリーンズ、ですが、また、気合いいれてヨロシクです。
明後日からの相手は7月の勝ち越しを決めたイーグルスさん。
ともかく、試合時間が4時間超さないようにしよう・・・。

そろそろソニッ久保くん、投げますか?
なんか、登板間隔、あきすぎだよなぁ。
まぁ、オールスターもあったし、しょうがないけど。
[PR]



by namit100 | 2005-07-31 23:45 | 野球をみる

暑い、暑い、暑い、in 鋸山。

この週末、お山のリハビリ&自主トレのため
ひとりでこっそり伊豆ヶ岳に行くつもりでいたのですが。

数日前に突然、お山な先輩方と、
全然別の岩っぽい山に行くことが決定して、
「あー、やっぱ今夏のテーマは‘岩’なのか」と思っていたら。

今日になって、どうやらその方面は「雷雨」がくるらしい、
という予報を受けて、岩の山は取りやめになり。

気がついたら、鋸山に来てました。
マリーンズのアゴのルーキーさん一押しの鋸山です。なんで?
あ、ついでに、デジカメ持ってくるの忘れた。

ロープウェーでしか上にあがったことないし、
まぁ、標高差300mくらいで、私のリハビリとしては
なかなかいいかも・・・でも、心配なのは、この天候。
さんさんと降り注ぐ陽射しと、じわりとした蒸し暑さ。
どー考えても、夏に登るのに適したお山とは思えない。

・・などと思いながらも、ともかく登り始めたんですが。
いや、もう、暑いなんてもんじゃぁ、なかった。
さすがにハイキングコースに入ったら、
あまり直射日光は浴びずにすんだんですが、しかし、暑い。

暑さによれよれっとしつつ、
ひたすら汗とともに老廃物をじゃんじゃんと垂れ流しつつ。
汗出すぎて、タオルが絞れちゃった人もいましたよ・・。
私は‘アイスタッチ’という素材の帽子をかぶっていましたが、
途中で帽子を取ってみたら、髪の毛、水浴びたみたいになってました。
なにが‘アイスタッチ’だ、こら。
だいたい、山で水分を取らない私が、2時間半くらいの歩きで、
500mlのペットボトルを8割方飲んでしまうというのは異常事態です。

みんなして、
「なんか、身体の中がキレイになる気がするよねー」とか言っちゃって。
それくらいしか、いいとこ探しできないくらい、暑かった。
あ、上からの眺めは、素晴らしいですよ。暑くてどーでもよかったけど。

で、暑さもしんどかったけど、330mのお山だからとナメていたら、
実は、道もしんどかった。なにがキツいって、とにかく段々だらけ。
段々の道って、そんだけ足を高く上げなきゃいけないから、
普通の山道より格段に疲れるんだよねぇ。

登り始めから、いきなり延々と続く木段。
b0008526_237387.jpg








石の段々。
b0008526_2375722.jpg








石の段々。
b0008526_2381963.jpg








石の段々。(しつこいって)
b0008526_2394444.jpg








石の段々。(もういいよ)
b0008526_2310815.jpg









しかも、この石の段々、なんか表面滑らかな石なのに、
ヘンに斜めだったりくぼんだりして、ついでに苔生えてたりして、
ぼけっとしてると、つるりんといっちゃうので、
下りはちょっと神経つかいました。

ともかく、汗だくになりながら下りてきて、
帰りに温泉に寄って、また汗だらだらになって・・・
老廃物撤廃キャンペーンのような一日でした。
やっぱり、夏に低いお山に行っちゃぁいけないね。

そういえば、下山口に「マムシ注意」と書かれてましたが、
マムシには出会わなかったものの、至近距離でヘビちゃん2匹と遭遇。
あの人たち(人じゃないけど)、暑くないんかねぇ・・・。
[PR]



by namit100 | 2005-07-31 23:10 | 山をあるく

花火を見に、ちょっくらそこまで。

夕飯を食べていたら、開け放した窓から
なんだか「どごん、どごん」いう音が聞こえました。
んー?とベランダに出ると、ヘリコプターの音も。

あぁ、そっか、今日は隅田川の花火なんだ。

この花火の日に普通に家にいるっていうことが
今まであまりなかったので、忘れてました。

うちの部屋がある建物の廊下からも、
花火の「カケラ」は見えたりするんですが、
せっかくなので、一応花火の全貌が見えるトコへ、と、
家からチャリで3分ほど走ってみました。
そのあたりは、わりと大きな道路を車両通行止めして、
花火見物場所になっています。
打ち上げ場所からはだいぶ遠いんですが、
とりあえず全体像は見えるので、けっこうな人出。

やっぱりちょっと遠いかなぁと思いつつも、
これ以上北に行くと、ますます人が増えそうなので
自転車を降りて、歩道から花火を眺めていました。

花火撮るのって、難しいよ・・・。街灯ごしだし・・

b0008526_21492522.jpg







b0008526_21494314.jpg








b0008526_2150210.jpg








b0008526_21502897.jpg








b0008526_21504243.jpg









行ったのがわりと終わりのほうだったようで、
あっというまにラストの盛りあがりがきてしまい、
写真撮ってる場合じゃなくなってしまいました。
いや、でもキレイでした。(写真じゃ伝わらないだろうけど)

そういや、数年前まではわりと花火大会行ってたけど、
最近行かなくなりましたわ。
なんせ、あの人ごみがねぇ、もうキツくって。
周囲500m四方に人がいない花火大会なら、行きたいけど。
大学にいた頃、夜まで大学に残っていたら、
海っぺりの花火大会が見えて(山腹にある学校だったので)
あれは、よかったなぁ。
全然人のいないとこで、みおろす花火はしみじみ美しかったです。

ふっと、
いろんな花火の記憶がふわふわっとやってきて、
あの時、あそこに見に行ったよなぁとか、
一緒に行ったあの人はどうしてるかなぁとか、
ちょっと懐かしく思っている夜なのでした。
[PR]



by namit100 | 2005-07-30 21:51 | 東京にくらす

ボビーさんの笑顔、アメリカンすぎてややコワイけど。

今日は、雑誌「Number」の発売日。
というわけで、昨日あわてて、7/14発売号を買いに走りました。
ふぅ、ぎりぎりセーフで、間に合った。

そんな「Number」前号のタイトルは
「No Baseball,No Life! 我が道を往く。」
投球に入るときの、腕を上げている野茂投手が表紙です。
特別目新しくもない選手の、特別目新しくもない記事。
だけど、やっぱり次へ次へとページをめくって読んでしまう。

んで、自分は、野球をみるのが好き、なのと同じくらい、
野球や選手にまつわるドラマを読むのが好きだなぁって、思う。
どんどん読んで、読んだはしから忘れていくけどね。

親の本棚からひっぱりだした近藤唯之さんの本とか、
タイトルにひかれて買った山際淳司さんの本とか、
偶然本屋さんで発見した阿久悠さんの「甲子園の詩」とか、
それはそれは野球を観ることと同じくらい(あるいはそれ以上に)
夢中になって読んだもんでした。

自分がメジャーリーグにどーも関心がむかない理由は、
メジャーリーグをみてこなかったっていうこと、
それにまつわるドラマを知らないっていうこと、
・・・なんだろうと思います。
身体にしみついた記憶ってもんが、まるっきりないもんなぁ。


で、今日は今日で、「関西アホボケ野球連盟」さまの
平野選手にまつわるコラムを読んで、ちょっと涙出そうだったり。
この方の感覚というのは、
自分的に共感したり相容れなかったり、いろいろですが、
(あ、今も頑なに「GS神戸」とか言うのは同じかも・・)
時たま、こういう、うるっとするのに出会ってしまいます。
[PR]



by namit100 | 2005-07-28 21:31 | 野球におもう

本日の野球、一憂三憂。

めったにないハイペースでふらふらと更新してますが、
これで今日は最後です。本日の野球。

虎ちゃん。
ちらちらテレビでみてたら逆転され、ちょっとふてくされて
勢いでブログ更新してたわけですが。
うーん、なんかねぇ、高橋尚成投手に負けると、
ものすごーーーーーく、悔しいんですけど。
(ようするに、尚成さんが好きじゃないというだけですが)
久保投手から打てないってのも、なんか腹立つんですけど。
(ようするに、久保さんも好きじゃないというだけです、はい)

福原投手は、7月の防御率からは考えられんほどの失点だし。
それでも4点だからなぁ・・・これで11敗かぁ・・涙。
2本のホームランがなぁ・・・東京ドーム、嫌いっ。

しかし、これでもまだ余裕かましてられるというのは、
おそろしいことですわ。自分的には。
あ、でもゲーム差「5」とかなのね、ちょっとやばいじゃん?
・・・っていうくらいのほうが落ち着く自分もイヤ。


マリーンズちゃん。
今日は、完全試合投手の加藤さんでしたが。
まぁ、取られた点は仕方ないんですが。
いくら相手は松坂投手とはいえ。
無死1、2塁でも・・・
無死満塁でも・・・
1死1、2塁でも・・・
点を取れないというのは、ちょっと怒ってもいいよね?
あ、こんなことでぶーたれてるようでは、
ロッテファンなんてやってちゃいけないのかな?
そういや、こないだの対松坂投手もこんなんだったけど。

いや、でも、大変珍しいことに(2/13 の確率で)
オリックスがホークスに勝ったというのに・・・
ホークスにお付き合いして負けなくっても、ねぇ。
(どーでもいいけど、オリックスのJP投手って、
 えらくしょっちゅう投げてる気がするんですけど?)

あぁ、週末はそのホークスさんとですか・・・。どーなるこっちゃ。


イーグルスさんとファイターズさん。
あぁ、また勝った。また交流戦後の成績5割にしてますよ。
いいなぁ、いいなぁ。
田中幸雄さん、スタメンだったのに、ヒットなし・・・はぁ。


なんかテンション低いですが、まぁ、しょうがないっすね。
[PR]



by namit100 | 2005-07-27 22:22 | 野球をみる

はるかな尾瀬、遠い空。

デジカメの写真ファイルを整理していたら、
昨年7月に尾瀬に行ったときの写真が出てきて、
懐かしくなったので、ちょびっと載せてみます。

尾瀬といっても、もう7月だったので、
「夏が来れば思い出す~」で有名な水バショウは、
もういませんでした。あれは6月くらいだそうです。
別に好きでもないので、どうでもよかったんですが。

尾瀬は夏~秋にかけて、土日など非常に混み合うそうですが、
空いている平日を狙って行ったのでした。
その中でも、尾瀬の周囲では訪れる人が少ないという
燧裏林道’では、すれ違う人もほとんどいない状態でした。

林道といっても山道です。そして、すばらしいところでした。
「御池」というバス停から出発して
小規模ながら点在する湿原を歩き、新しい橋を渡り、
美しいブナ林を通り抜けて、迫力ある三条ノ滝をみて、
温泉小屋と呼ばれるところへ・・・という道を往復しました。
往復で6時間半くらいだったでしょうか。

湿原のワタスゲ。ほんとに一面に広がっていました。
(この写真、テンプレに使ってましたわ・・)
b0008526_21345374.jpg













湿原の中のかわいらしい池塘。
b0008526_21353391.jpg













三条ノ滝。落差は100mにもなります。
うーん、写真では大きさが伝わらないなぁ。
b0008526_21355585.jpg

















次の日には、尾瀬沼畔から‘燧ヶ岳’に登りました。
まず「尾瀬沼山峠」というバス停から、
燧ヶ岳の登り口に行くまでに約1時間歩きます。
階段ばっかでちょっとツライ。

沼畔の分岐から、燧新道(長英新道)を登ります。
ここに登る登山道の中では、もっとも楽な道だそうです。
山頂まで3時間くらい。
下山するときには、途中から豪雨に見舞われ、
道が川というか、ほとんど滝状態でつらかった・・・。

尾瀬沼へと続く木道。
b0008526_21361660.jpg













尾瀬沼畔に建つ、長蔵小屋。
b0008526_21363854.jpg













燧ヶ岳山頂から見下ろす尾瀬沼。
トンボが多かった。端っこのゴミみたいのも、トンボ。
b0008526_213774.jpg













尾瀬は、必ずもう一度来たい、と思わせるところでした。
(今年もお誘いがあったんですけどねぇ・・・
 6月4日、だったんですよねぇ・・・
 虎-マリーンズ@甲子園、だったのよねぇ・・・)
実は、一番有名な‘尾瀬ガ原’に行けなかったので、
今度はそこを回ってみたいなぁと思っているのでした。
[PR]



by namit100 | 2005-07-27 21:37 | 山をあるく

書いてるうちに思い出話になっていた。

一昨夜はなぜだか寝付けず、2時間睡眠でお仕事へ。
昔いわゆる不眠症だった頃には、毎日2、3時間睡眠でも
かなり元気に学校とか行ってたはずなのに、
昨日はよれよれでした。若いっていいよねぇ。
まぁ、仕事は普通にしてたけど。

で、雨風の間隙をぬって18:30頃に帰宅して
台風も、鴎&虎の後半戦初戦も、読みかけの本も、ほっぽって、
19:00にはすでに眠りこけて・・朝5時まで爆睡。
んな時間に寝て、いつもと目覚めが30分しか変わんないって・・

起きてみたら、
曇り空ではあったけれど、明らかに台風はいなくなってるし、
マリーンズも虎ちゃんも、勝ったようだったし、
今日は普段より出勤が1時間遅れなので少し本も読めたし、
なかなかいい朝でありました。なんだかまだ眠かったけど。


そういや、
‘台風一過’を、子供の頃‘台風一家’だと思ってたんですよ~
・・・という話をよく聞いたりするんですけど、
そーいう人って、やっぱり多いんでしょうかねぇ?
自分はそんな過去はないんですが・・というのは、
‘台風一過’なんて言葉、知らなかっただけだけど。
ニュースとかで聞いた記憶すらないです。

なんつーか、やたらと勉強だけはできるくせに
あんまり常識のない困った子供だったもので。
小学6年生の時に、テレビで鮭が泳いでいる映像を見ていて
「この鮭は、生鮭? 塩鮭?」と聞いた我が子のことを
母親はいまだに忘れていません。よほど愕然としたらしい。

「お宅のお子さんは優秀でよろしいわねぇ」などと
同級生のお母さんたちに言われるたびに
「本当に優秀かどうか、一緒に暮らしてみればわかるのに」
と、家でため息ついて苦笑いしてた、母親。ごめんよぉ。
自分自身も、ただ勉強ができるってだけで、
よその大人の人たちにがちゃがちゃ言われるのは
(ほめてくれてるんだろうけど)
うっとうしかったり、迷惑に思ったりしてたし。

だいたい、経験上言えば、小学生が勉強ばっかできたって、
運動能力がイマイチだとビミョウなんだよねぇ。
運動会で走ればビリばっかだった私は、劣等感の塊だったし。
小6の時、初めてマラソン大会とかいうものが行われて
そこで上位入賞した時に感じた喜びとか誇らしさってのは、
勉強で1番になることとは比較にならないものでしたねぇ。
あと、楽器や歌やお習字でほめられるのも嬉しかったなぁ。

んで、大きくなるにつれて‘秀才少女’は
どんどん‘タダの人’になり(タダ以下か?)。
それにつれて、なぜか走る速度は上がっていって、
へんなコンプレックスとかからも自由になり。
好きなコトは、ほめられようがけなされようが、
自分で楽しんでできればよくなったり。

今じゃ別に誰からも「優秀でいいわねぇ」とか
言われたりしないけど、そんなことどーでもよくて。
やるべきこと・やろうと思ったことを一生懸命やって、
迷うことばっかりだし、シンドイこともいっぱいだけど、
嬉しいことも感謝することもたくさんあって、
やっぱり生活するって楽しいなぁって、思っていて。
これって、成長してるんかなぁ? 退化してるんかなぁ?
でもまぁ、今の生活も、ちょっとばかし勉強ができたって
土台があったからこそ、なのかもしれないしねぇ。

・・・っていうか、何の話だったっけ?‘台風一過’だったハズ・・。
まぁ、ちょっと思い出話でした。終わり。
[PR]



by namit100 | 2005-07-27 20:02 | 毎日のそんなこんな

夏のお山ライフに向けて。

昨年10月以来、行きたい行きたいとわめくだけで、
本格的お山行きのないままに、冬がすぎ、春もすぎ、
気がつけば、いよいよ夏まっさかり。

さぁ、山の季節到来! そろそろホントに行きなさい!
・・・とばかりに、8月は2回のお山行きの予定が入りました。
しかし、なんせ10ヶ月ぶりのちゃんとしたお山、
しかも、最近なぜか足の骨がでっぱってきて、
普段でも靴にあたって痛いのに、山を歩いたりできるのか?
そんな不安を解消するべく、今週末は久々の登山靴をはいて、
リハビリ兼自主トレのためにどこかに登ろうと計画中です。

・初級者向けであること
・登山口が電車の駅から近いこと(バスはうっとうしい)
・歩行時間が4時間以内であること
・・・などを考えて、現在の第一候補は、伊豆ヶ岳。
ただ、標高851mって、この季節くそ暑くないんだろうか?
というのがちょっぴり不安。なんせ行ったことないんで・・。
一応、7・8月も‘登山適期’にはなってるので、大丈夫っぽい?
他の低山は、けっこう「夏は暑いからやめとけ」みたいなこと
書いてあるけど。

とりあえず、また顔面が黒くなるんだな。
この年になるとなかなか色がさめないんだよな・・はぁ。

で、「山と渓谷」今月号は、「槍ヶ岳をめざせ」が特集。
8月の予定のひとつは槍ヶ岳、嬉しがってさっさか買いました。

昨年、燕から、大天井から、常念から、遠く眺めた、
あの槍ヶ岳に行くのは楽しみですが、
ちょっと怖いのは三点確保が必要な岩場です。

以前、西穂に行ったときに、初めてそんな岩場に出会って、
これがもう、怖くて怖くて。
生まれて初めて‘生命の危機’を感じたんですよ~。
(大げさだけど、本当に)
「慣れだよ」と言われるんですけど、ほんとかな? 怖いっす。
ヘタすると、槍ヶ岳まで行っておきながら、
最後の槍には上がらずに帰ってくることになるかもしれません。

ともかく、お山と野球に忙しい8月になりそうです。
(お仕事はいったいどーなるんだ?)
昨年の富士山のリベンジにも行きたいけど・・
日程的に今年は無理かなぁ。まぁ、富士山は逃げないか。

あとは、行くときに雨が降らないことを祈るのみ。
お山に関しては超雨女なのが悩みです。
まったく降られずにすんだことは滅多にない気が・・。
てるてる坊主つくって、がんばろうっと。
[PR]



by namit100 | 2005-07-25 21:26 | 山をあるく

オールスターゲーム雑感。

オールスター、終わりました。
昨日はだいぶ途中から見始めましたが、
今日は2回からずっと中継つけっぱなしでした。
これだけちゃんとオールスター見たのは久々かも。

そんなオールスター雑感を、かじょうがきで。

**********

・マリーンズ勢、良くも悪くも普段着の野球(?)
 投手はみなさん、しっかり頑張りました。
 (コバヒロさんは点取られたけど、まぁ、普段通りか)

 俊介さん-里崎さんバッテリー、嬉しかったです。
 タナボタとはいえ、里崎選手がオールスターでスタメンとは。
 コバマサさんも1安打でしめ、やっと通常状態へ。

・んで、打線も本領発揮っていうか、なんというか。
 昨日は、ここ最近のような貧打、貧打モード。
 5人も出ていて、出塁は里崎選手の四球だけって・・。
 今日は、フランコ選手が帳尻合わせのごとく2安打。
 スンヨプさんも、唐突に2ランを放ちました。
 なんだかフツウにマリーンズのゲームやってるようだ。

・しかし、西岡選手の打撃不振はつづく、つづく・・。
 思わず「打率どこまで落ちてるんだ?」とか考えてて、
 あ、オールスターだから関係ないのか、と苦笑。
 うーん、西岡選手の不振でパが2連敗しちゃったのかしらん。
 フライ落としてへらへらしてるんじゃないわよ~。

・虎ちゃん打撃陣は、なんだかんだ言いながらご活躍。
 昨日は藤本選手&トリーさん、大当たり。
 今日はアニキ&今岡選手。
 赤星選手、結局1安打だけど、盗塁決めました。よかったね。

・球児くんは2日連続での登板。オールスターでまで・・。
 下柳投手はスンヨプさんにホームラン打たれちゃいました。
 喜んでいいのか悲しんでいいのか・・・
 っていうか、イガーさんが出ていないことに、さっき気づいた。
 そーだったのか。

・チームから、ひとり出場の礒部選手&平野選手。
 どちらも奮闘していました。チーム背負っちゃってるもんね。
 岩隈投手とか、谷選手とか出てないんですね。なんとなく意外。
 監督推薦、マリーンズの野手けずって、誰か出してたら、
 ひとつくらい勝てたかもしれないよ・・・。

・応援。
 昨日の西武ドームは、パの応援が元気よさそうでした。
 放送席がうっとうしいので‘音量1’で見てましたが、
 「GO マティ~」とか「イ・スンヨ ホームラン」とかも
 はっきり聞こえてましたよ。なんかいろんな色ではねてるし。
 パ・チームファンのみんなで応援するスタンドって楽しそう。

 今日の甲子園、さすがにパ応援の音量は下がってたけど、
 「前田、前田」や「新井、新井」が、すごくよく響いてました。
 スタンドは、みんなでスクワット~。疲れそう・・でも、やっぱり楽しそう。

・昨日、前半終了後に、殿堂入りセレモニーをやっていました。
 森祇晶さんが「西武球場」とおっしゃっていたのが印象的でした。
 村田兆治さんには、あの場で140kmの投球をしてほしかったです。
 あの開幕2戦目の始球式で、ほんとすごいと思ったもんなぁ。

 最初は「なんでいきなりこんなとこでやるの?」と思いましたが、
 いろんなチームを代表する選手がずらーっと並ぶ中での
 ああいう表彰式って、なかなかいいですね。
 スタンドからの拍手や声援も暖かい雰囲気でよかったです。

・新庄さん。
 なんだぁ? あの金ぴかのくつとバットは?
 で、やっぱり昨年のオールスターのこととか
 思い出しちゃったりして。
 各局の選挙速報をハシゴしつつ(選挙速報大好きなもんで)
 オールスター見てたんだよなぁ。
 もう、どーなっちゃうんだろってモードをねぇ、
 あんなふうにふっきっちゃって、笑い泣きがとまんなかった。
 
 今年のオールスターでは故障もあるらしく、
 MVPはとれなかったけど・・・楽しそうな笑顔が最高でした。
 かっこいいです、新庄さん。くつとバット、ヘンだけど。

・けっこう楽しかったです。オールスター。
 交流戦が行われて、オールスターの意義みたいのが
 薄まっちゃうんじゃ? という話もあったようですが、
 自分的には、本気勝負の交流戦があったことで、
 よりオールスターというお祭りを楽しめたような気もします。
 選手も楽しげに見えました。それがなにより。

・でも、中継は、やっぱりなんとかしてほしいなぁ。
 なんだかぐだぐだで、普通の音量で聞いてらんない・・。
 今日の方が、だいぶましでした。

 昨日の試合、帰りが間に合わなくって、
 直行さんの登板を見られなかったんだけど、
 後から聞いたら、誰だかのインタビューにかまけて
 えらくほっとかれてたそうで・・見てたら腹立ったかなぁ。
 まぁ、インタビューもいいんだけどさ、バランスが大事よね。

**********

選手のみなさん、おつかれさまでした。
また後半戦を楽しみにしております。

それにしても、開催地が昨日と今日とで逆だったら、
えらいことになってたでしょうね。
関東地方、地震の影響で電車が止まりまくってましたから・・
実家の両親も、今日は西東京に出かけていたらしく、
帰りに足止めくらってるとわざわざ電話をかけてきました。
「なんで震度4とかで電車が止まるのか?」と
ひとしきり文句を言ってました。ヒマだったんでしょうね・・
まぁ、震度5のところもあったようなので、しかたないですが。
[PR]



by namit100 | 2005-07-24 00:11 | 野球をみる

意識調査に気軽にこたえてみました。

きょうろぐ」さまの「球界改革についてのファン意識調査」、
ちょっと遅くなりましたが、ちょびちょびと考えてみました。

*******

1.FA制度はよい制度だと思いますか?
A、金本が阪神に来たり良い面もある。選手の意思が尊重されていい。
B、金があるチームに選手が集まるのでつまらない。ないほうがいい。

[A]
すごーくいい制度とも悪い制度とも思いません。
単なる年俸つりあげの道具みたいにされると、
かなり気分わるくなりますが・・
ただ、FAはメジャーに行くための制度になりつつあるのは
ちょっと複雑です。



2.ドラフトについて。逆指名(自由獲得含む)は良い制度だと思いますか?
A、ホークスやスワローズ(の先発)とかうまくやればよいチームになる。
B、やっぱり金の問題が・・。
  不人気球団にはいつまでも良い選手がこないので不公平。

[B]
逆指名の有無に関わらず、お金は動くと思うので、
‘金の問題’だけとも言いきれないのですが・・。
(そちらはそちらで、規定や罰則などをしっかりしてほしい)

1.とも関連していますが、FAと自由獲得枠の両方があるのは、
制度としてなにかマズイんじゃないかと。
かといって、逆指名で入団した選手からFA権を取り上げる、
とかいうのも、おかしい話ではあるし。
最初の就職は‘プロ野球’へ、というのを徹底して、
あとはFAを有効に使うなり、入団後の移籍を活発にするような
(いわゆる‘飼い殺し’みたいな選手など)
制度をととのえるなり、という形でチームをつくるのがいいです。


3.ドラフトについて。かつて行われていたくじ引きは問題があると思いますか?
A、選手には悪いがドラマがあって面白かった
B、くじ引きで人生決めるのはいくらなんでもバカにしすぎ。

[A]
えぇ、単純にどきどきがあって好きでした。


4.ドラフトについて。完全ウェーバー(弱いチームからいい選手が取れる)は良い制度だと思いますか?
A、戦力均衡のためには必要
B、弱いチームに戦力を与える・・って甘やかしてないか?そもそも育成能力がないから最下位なんだって。

[A]
最下位狙いチームが出るのでは? という不安もあったりと、
どうも諸手をあげて完全ウェーバー、とは言いづらいです。
ただ、2.で述べたように「最初の就職は‘プロ野球’へ」というのが
今の自分の考えではあるので、プロ野球全体の戦力均衡のためには
完全ウェーバーが手っ取り早いのかな、という単純な結論です。

ただ、社会人・大学生と高校生とで分離ドラフトになるということで、
どちらも完全ウェーバーといわれたら、やりすぎな感があります。
(今年は、とりあえず高校生に関しては抽選制みたいですが)
今後、片方は完全ウェーバー、片方は逆ウェーバーではどうか?
とか、一瞬思い浮かんでしまったんですが、問題解決にはならないか。



5.選手の年俸は高すぎると思いますか。
A、今の時代に一億、二億って。一般人と比べてかけはなれすぎ。
B、芸能人や他のスポーツ(海外)と比べれば、妥当な範囲では。

[A]
他の職業と比べてどうこう、というのはよくわかりません。
ただ、経営状態と人件費とは連動しているもんだと思うので、
破綻しそうなのに給料だけがどんどん増えるということがあれば
おかしいなぁとは感じます。
まぁ、払えるならいいんじゃないかという気もします。


6.「野球人気の低迷じゃなくて巨人人気の低迷」だと思いますか?
A、巨人がヤバイだけ。
B、いや、野球全体でしょう

[B]
自分の周りに野球少年がやたらと多いので、
どーも野球人気の低迷というのが今ひとつ実感できないのですが。

昨年、球界の巨人依存という問題点が明らかになったわけで、
今のままでは「巨人コケたら、みなコケる」になりかねないのなら、
巨人に頼らないシステムをつくれるかどうか、その一点ですね。

あと、やっぱりマスコミの問題は感じます。
今のマスコミの巨人の扱い方(勘違いしたもちあげ方・いらん煽り)、
野球にそんなに関心のない人からしたら、
「なんかわからんけど、こんなツマランもんか」
・・・としかみえないと思うんで。
マイナスイメージの拡張にしかならないんじゃないかと。


7.日本人選手のメジャー流出についてどう思いますか?
A、本人の夢だから。応援するよ!
B、猫も杓子も行きすぎなんだよ!そこそこのやつは日本でがんばれ。

[A]
これは、なんだかいろいろと考えが変わってます。
現在は、一概に「応援するよ!」とは言いきれないものの、
「行きたい人は行ったらいいよ」くらいの感じです。

もう、ポスティングとかも一切なくして、行きたきゃ行ける、
そのかわり、FA以外で行く人は2Aとか3Aからの契約にかぎる、とか。
ポスティングで行かせてくれ、とかいう戦いよりも、
純粋に野球で這い上がる戦いのほうが「夢」らしくていいんじゃ?
最初からメジャー契約じゃなきゃ行きたくないという人は
「夢」がどうとかごちゃごちゃ言わず、FAを待て、と。

なんかイジワルな書き方になっちゃってますが、
嫌味でもなんでもなく、こんなシステムにしたとしても
這い上がる実力のある選手は多いと思うんですよ。
ただもう、ポスティングがどーとかでもめて、
選手がごちゃごちゃ言うのをあんまり聞きたくはないだけです。



8.チーム数はどのくらいがいいと思いますか。
A12が一番。B16は欲しい。C10か8が適当だが減らし方が問題。

[A]
うーん、子供の頃から12チームで、やっぱり慣れてるので。
でも16チームくらいあっても、もちろんいいです。
20チーム超えると、多いような。



9.プレーオフ。セもやったほうがいいですか?
A、3位まででやるかはともかくなんらかのプレーオフはやるべき。
B、今までどおりで結構。独走もあれば混戦もある・・それが野球。

[A]
昨年のパリーグのプレーオフは楽しんだし、
今年もそれなりに楽しむような予感はするんですが、
もしセリーグもプレーオフを採用するようであれば、
両リーグ統一して、全く違う形でのプレーオフにするのがいいと思います。

よく言われているような、
それぞれのリーグで東西3チームずつにしてプレーオフ、とか。


*******

相変わらず感覚的に答えてるので、なんかめちゃくちゃですが。
まぁ、意識調査なので、率直な意識です、ということでお許しを。
[PR]



by namit100 | 2005-07-21 20:19 | 企画にのってみる

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ

検索

画像一覧