<   2005年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧




復刻版ユニフォーム。

阪神:交流戦で「復刻ユニフォーム」を着用
(毎日新聞さん)

・・・だそうです。
79~81年のホーム用って、どんなだ?と思い、
公式サイトのユニフォーム変遷を見てみました。

自分は、タイガースの存在すら知らなかった頃のものなので、
別になつかしいなぁとかは思いませんが、
昔の写真とかでよく見かけるタイプだけに、
いろんな思い出や記憶がよみがえる方もいらっしゃるでしょう。

まだ、だいぶ黄色が残っているユニフォーム。
帽子のひさしが黄色ってところが、古き時代のタイガースな感じ。
うん、これを着た選手たちを見るのも、けっこう楽しみです。

でもね。
今回の復刻版着用は、創立70周年記念の一環だそうですが。
うーん、なんというか、わざわざパリーグとの交流試合だけで、
っていうのはちょっとどーなんだろー?と個人的には思ったり。

なんか「球団譲渡も合併もなく、70年やってこれたチームはいいよねぇ」
って感じがしちゃうような。
・・・っていうのは、ヒネクレすぎかしらん?と思う夜なのでした。
[PR]



by namit100 | 2005-02-28 20:55 | 野球をみる

我が愛しのYonda?くん。

携帯電話って、好き嫌いでいえば、
あんまり好きじゃありません。

なので、持ち始めたのも人よりだいぶ遅かったし、
落として液晶ぶっ壊した、とか、
水にどっぷりつけてしまった、とか、
そういう理由でしか機種変更もしたことないし、
普段はあまり持ち歩かないし。

そんな携帯に愛のない私ですが、
ストラップは無駄にごちゃごちゃくっついてます。
↓こんな感じ。
b0008526_19523980.jpg







周りからは「携帯だけキャラから浮いている」と言われます。
(ストラップなんて1つもつけなさそうに見えるらしい)
「そんなもんくっつける前に、ちゃんと携帯持ち歩け」と
叱られることもしばしばです。

自分の気にいったやつをつけてー、
いただきものもとりあえずつけてー、
などとやっていると、けっこう増えていっちゃうものですね。
なんだか、電話しながらうっとうしくなってきたので、
このあいだ、いくつかリストラしたところです。

で、節操なくくっつけていってるわけですが、
・大きなものはつけない。
・あまり立体的なものはつけない。
という、一応自分なりの基準はあって。
お人形系でつけているのは、1コだけ。

b0008526_19521145.jpg











某文庫のキャラクター、Yonda?くんです。
「夏の100冊」のオビのシール2枚で手に入れたものです。
初期の頃からつけているので、ガキガキになってるんだけど、
コイツだけは、はずせない。後ろ姿も載せてしまおう。
プリティさが、写真では伝わらないけど・・・

b0008526_1954140.jpg







ついでに、ストラップではないけど、同じくYonda?くんの
キーチェーン。

b0008526_1953125.jpg









なんだか、この‘にへぇ’っとした表情が好きなのよ。
写真は正面だけど、横から見ると猫背なところもかわいい。
(パンダって、ネコ科?)
本屋さんででっかい版に会ったことありませんか?

でも、このYonda?くん、リニューアルされてからは、
↓こんなのになっちゃったんだよなぁ。

b0008526_19533786.jpg







うむむ。私的には、前の方がずっとずっと好きなんだけど。
と言いつつ、現在リストウォッチに挑戦中(50冊・・・)
文庫のカバー折り返しについているマークをくれる方、歓迎しまーす。

*************

というわけで(どんなわけ?)、今回は、
「テド☆えにっき」さまの、「ストラップ自慢」にトラックバックです。
全然、自慢になってないけど。
[PR]



by namit100 | 2005-02-28 20:02 | 毎日のそんなこんな

渡辺俊介投手に会いに、球場に行こう。

渡辺俊介(わたなべ・しゅんすけ)投手

1976年8月27日生
国学院栃木高-国学院大-新日鐵君津-千葉ロッテ
身長177cm・体重70kg
右投・右打
↑と書くと、フツウっぽいですが、ただの右投ではありません。

近頃のプロ野球では滅多にいない、下手投げ(アンダースロー)です。
それも、アンダーもアンダー。めっちゃ低いです。
たまにダフるくらい低いです。
「世界一低い所から投げる投手」と呼ばれているかもしれないくらい低いです。
初めて見た時の衝撃といったら。あら、まぁ。

・・・と、いくら書き連ねてもしょうがないので、図解。

リリース(球が手から離れる)の直前

b0008526_20594988.jpg←こんな感じ










リリースの瞬間

b0008526_210416.jpg←こんな感じ








リリースの瞬間 その2(別の角度から)

b0008526_2102745.jpg








もはや、ひじに骨があるとは思えない。

っていうか、こんな図解で伝わるのか!?

渡辺投手は、中学生時代にお父さんのすすめで、
身体のやわらかさを活かしてアンダースローに転向したそうです。
転向当初からこんなに低かったのかな・・・
もしそうだとしたら、中学・高校時代に指導していた方も
これを認めていたっていうのは、なんかスゴイね(いろんな意味で)。
と思っていたら、高校生の時の写真を発見しました。
(上から2番目の写真です)

・・・やっぱり、めっちゃ低いし。

でも、マジメな話、渡辺俊投手を生で見ると、
けっこう本気で感動します。
私の周囲でも、数年前、渡辺俊投手が出てきた頃、
携帯の着メロが「闘魂こめて」っていう、ばりばりのGファンな上司が、
「渡辺ってピッチャーに感動した。俺はこれからロッテを応援する!」
と宣言していたことがありました。そのくらいは感動します。

地面すれすれのところから浮き上がってくる球で
緩急を使って打者のタイミングをずらす・・・
150kmの速球をバシバシ投げ込む、というのもプロ野球の魅力なら、
最速135kmの球でどうやってバッターをおさえるのか?というのも
なかなかの醍醐味だと思うのです。

パリーグの予告先発で「渡辺俊」という名前を見かけたら、
一度お近くの球場まで足を運んでみてはいかがでしょうか。
選手の顔と名前がわからない人でも、絶対に判別できますから。

あ、今年はダフったら、なんかプレゼントくれるらしいですよ。
(と、公式サイトのムービーで言っていた。冗談だろうけど)

**********

「きょうろぐ」 への参加記事です。
みんなの選手名鑑
[PR]



by namit100 | 2005-02-26 21:06 | 野球をみる

守備界の‘8時半の男’、久慈選手です。

久慈照嘉(くじ・てるよし)選手

1969年4月19日生
右投・左打
東海大甲府高-日本石油-阪神-中日-阪神
身長169cm・体重75kg(公称)
プロ野球界では5本の指に入るであろう、親しみやすいサイズ。
(楽天・大島選手、ロッテ・小坂選手よりは大きいと思いますが)

92年、初めて甲子園の地を踏んだ私は、ルーキー久慈選手の、
大きさ(小ささ?)とやわらかな守備の動きに一目ボレ、
以後阪神ファンへの道を歩むこととなりました。
ある意味、同期生みたいなものだと勝手に思っております。
そのため、久慈選手が中日にトレードとなったときには、
周囲から「おまえも中日ファンに移籍か?」といわれ、
引退危機説が出るたびに「一緒に阪神ファンを引退するか?」と
ささやかれる日々を送っております。

そんな私が思うところの、久慈選手の魅力とは、やはり守備。
そして、なんというかギャップを感じさせるところでしょうか。
なんかねぇ、こうだと思ってたら、実はああで、
でもやっぱり、まわりまわってこうだった、みたいな。
(↑文章になってない)

以下、久慈選手に感じるギャップの例。

*スター選手のような華やかさがない。地味。

高校時代、甲子園に春夏連続出場。しかも4番(えっ)。
社会人時代、社会人ベストナイン。日本選手権で優勝経験あり。
阪神入団は、ドラフト2位の上位指名。
入団1年目、ファン投票1位でオールスター出場。
同じく入団1年目、打点ベッタ・ホームラン0本で新人王獲得。
・・・と、なにやら、華々しい球歴。

*守備の人。

確かに守備は、やわらかい動き、打球への反応、など素晴らしい。
が、時たま、あれ?っていうポカをやらかしてくれる。
案外そのポカが多かったりする。エラー数もそれなりに。
でも、やっぱりうまいけど。

*打撃はイマイチ、というか、打たない。打点が異様に少ない。
 というか、どうにかしてほしい。

特に第一期阪神時代は、打たなかった。
が、ノーヒットノーランを阻止させたら、阪神一。
9回ツーアウトから阻止してしまう、空気の読めなさ。
他の人が打たない時だけは、勝負強い打撃。
なにげに、チームが優勝するときには、
打撃好調(いいトコで打つ)、というちゃっかりさも。

*その打撃の非力さから「5m以上、打球が飛ばない」と言われる。

なんと、阪神入団1年目、8本の三塁打を放ち、
和田選手とともに三塁打王になっている。(どうやって?)
チャンスで打席がまわると、間違いなく「こりゃダメだ」と思われる。
だからこそ、たまのタイムリーで狂喜乱舞できるのである。

*堅実、といわれがち。

トレード通告にブチ切れ「ぼくの人生、こんなもの」発言や、
なんじゃそりゃな登録名「テル」など、
突然どうして?と思わせる言動が稀に見受けられる。

いても大して目につかないのに、いなきゃいないで物足りない。
そんな久慈選手の存在そのものがギャップ。

「出場機会は少ないけれど必要な選手」
「若手のお手本になる選手」
などと評されるのは、嬉しいのは嬉しいけれど、
もうそんな年齢になっちゃったんだなぁ、
いつまでこのユニフォーム姿を見ていられるのかなぁ、
と、淋しい気持ちもするここ数年。
でも、最後まで一生懸命応援するからね!

守備固めでの出場が多い、守備界の‘8時半の男’久慈選手。
球場で、テレビの前で、試合の終盤に
ちっちゃな背番号「32」がショートにいるのを見かけたら。
ぜひぜひ大きな声で「くじ~!」と呼んでやってください。

***********

「きょうろぐ」 への参加記事です。
みんなの選手名鑑
[PR]



by namit100 | 2005-02-26 20:56 | 野球をみる

冬の夜に聞きたくなる音。

なんというか、感覚的なものなのですが、
この季節にはこの音楽が聴きたくなる、というのがあります。

ビル・エヴァンス、というピアニストの音楽も、そのひとつ。

秋の夜長や、冬、星が澄んで見えるような凛とした空気の夜、
ふと聴きたくなります。
自分の中の季節感と音楽って、なんか関係あるみたいで。
とても好きなんだけれど、春夏の暖かい&暑い季節には
あまり聴きたいとか思わないのが不思議だったりもします。

で、昨日・今日と、雪も降るようなすっと寒い日が続いて、
(星が見えるわけではないのだけれど)
ビル・エヴァンスを聴きたくなって聴いていました。
今日聴いているのは「PORTRAIT IN JAZZ」、
右側の「ライフログ」の上から2番目に写真があるCDです。

このCDには、個人的な思い入れもあります。
むかし、すごく音楽好きな人に「誕生日、何がほしい?」と聞かれて、
「今まで聴いたなかで、一番好きなCDを選んで1枚ほしい」と答えたら、
結局、1枚にしぼれなかったから・・と10枚くらいもらった中に
これがありました。
その後、家中がCDだらけになるきっかけともなった1枚です。

もらった時にジャケットを見て「銀行員みたーい」と言っていたら、
「うん、ヤク中だけどね」とさらりと言われてびびりましたが、
聴いてみたら、そんなのどーでもいい。
軽やかなリズム感と、美しくて凛とした、きれいなピアノの音。

ジャズのこととか、全然わからなかったのですが、
(っていうか、今もよくわかりませんが)

「COME RAIN OR COME SHINE」(「降っても晴れても」)
「AUTUMN LEAVES」(「枯葉」)
「SOMEDAY MY PRINCE WILL COME」(「いつか王子様が」)

などの、知っている曲を、「こんなふうに演奏することができるんだ」
っていうだけでも、ものすごく新鮮でした。
「BLUE IN GREEN」も、やっぱり、なんだか秋冬の空気に合うんだよなぁ。
タイトルが寒色だからかなぁ・・・。

ピアノが好きで、ジャズっぽいのも聴いてみようかな、という方には
おすすめの1枚です。・・・って、なに薦めてるんでしょう、私。
[PR]



by namit100 | 2005-02-25 23:23 | 音をきく

千葉ロッテマリーンズのユニフォーム。

種類が増えると聞いたっきり、ぱたりと消息が途絶え、
まるで「昨日、それが私に聞こえてきた」のように、
ボビーさんの幻覚だったのでは?とさえ思えていた、
ロッテの‘新しいユニフォーム’がようやく発表になりました。

昨夜、時事通信さんの、「発表がありました」ってニュースが
ネットにも流れてましたが、実物の写真もないし、
公式サイトを見ても載ってないし、早く見せろぉっだったのですが。

今日は、公式サイトにばっちり写真が載っています
えーっと。ようするに、サンデーユニですか?
まぁ、サンデーユニ、嫌いじゃなかったからいいんだけど。
しかし、「肩に入ったダンダラ模様」って・・
公式さん、もうちょっと言いようはないのかい?
どうでもいいけど、ベニーさん、お腹が・・目立つよ・・・。

マリーンズは、こういうところのセンスはいいと思ってるので
発表がいつになるのさっていう以外は心配してませんでした。
でも、ホームの清水投手が着ているバージョン、
上が白、下が黒・・って、ややビミョウ。
なんだろう?逆バージョンのビジターは、けっこういいのになぁ。
妙にもっさりして見えるなぁ。うーん。
なんか「トレパン」って言葉が浮かんできた。そんな感じ。

で、ホーム用は以前からのものと合わせて3種類となり、
先発投手がその日の気分で(!)どれにするか選ぶようです。
なんというか、めっちゃテキトーよねぇ。
どうせなら、予告先発と共に、予告ユニフォームやってほしい。
なんだかんだ言って、ライトスタンドのマリサポさんは、
以前からのユニフォームで統一して応援しそうな気がしたり。
なんか、ばらばらのユニで応援しているところが想像できないのよね。

あ、新ユニフォームのネーミングも募集中だそうです。
久保投手といい、愛称つけるのが好きなチームだなぁ。
ホームその1は「ダンダラ」、ホームその2は「トレパン」で
応募してみようかな・・・採用されても困るけど。
[PR]



by namit100 | 2005-02-23 19:54 | 野球をみる

突然ですが、野球ファンになってみませんか?

「今日から野球ファンになった人のためのブログ(仮)」
というブログが新しくできました。
愛称(?)は「きょうろぐ(仮)」だそうです。

このブログができたいきさつについては、カネシゲ監督の、
こちらこちらの記事とコメント欄をご覧いただければと思います。


で、ここは、いわゆる‘野球ブログ’ではないのですが、
本人の意図は別にして、なんだか気付けば
‘野球をみる’カテゴリばかりが増えていっておりまして。

そんな私としましては、
「こんな楽しそうなコト、参加しないともったいない!」
などという、非常に気楽~な気持ちで
参加させてもらっちゃおうと目論んでおります。

ここんとこの、あらためて「野球が好きだなぁ」の思いにも
ぴったりきてしまっていたりもするし。

「きょうろぐ(仮)」は、野球初心者のためのブログ、と
銘打ってらっしゃいますが、
私自身も、野球を20年くらい見ているわりには、
まだまだよくわかってないことも多いにあると思うので、
(そもそも、球場で見てるときには、
 球種とかの区別もつかなかったりする・・・)
こんな‘なんちゃって野球ファン’のためのブログにもなりそうな気がしています。

野球初心者の方が、いったいどこからこのブログに辿り着くのか?
という疑問もないではないのですが、
もしここに野球以外で立ち寄られて興味のある方がいらっしゃれば、
という思いもあり、お知らせさせていただきました。

まぁ、そんなわけですので、ここでも、
ある日突然、好きな選手についてアツく書いている記事、とかが
出現することもあるかもしれませんが、
そんなときには、あぁ、例のあれか、と見守ってやってください(?)
[PR]



by namit100 | 2005-02-22 22:48 | 野球をみる

やっぱり、野球が好きだ。そう思った。

思えば、昨年は最初っから妙な年でした。

キャンプインを目前にして、突然降ってきたのは
「近鉄、チームの命名権売却へ」のニュース。
球場名売却はあったけど、今度はチーム名?
なんだよ、それ、と戸惑っているうちに、
「認めん」という反対の嵐で、白紙撤回。一件落着。

それからは、何事もなかったかのように、プロ野球は、
キャンプ・オープン戦・開幕と、例年通りに進んでいきました。
阪神が勝った、負けたで一喜一憂してみたり、
広島の4月の快進撃に、びびってみたり、
今年もパはホークスかねぇと呟いてみたり、
でもロッテはやけにダイエーに勝ってるのをいぶかしんでみたり、
そんな、いつも通りのシーズンを私も過ごしていました。

これまた、あまりにも唐突に「近鉄とオリックスとの合併」が報道された6月13日までは。

球団の合併なんてのも想像できなくって、最初は
「この話も、反対されまくって消えるんじゃない?」なんて
考えていたのですが、とんでもない。消えるどころか、
その後の展開はご存知の通りのすさまじいもの。
プロ野球史上初のストライキまで行われました。

そして、シーズンが終わるとともに、
近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブという
ふたつのチームがなくなり、
オリックスバファローズ・東北楽天ゴールデンイーグルスの
ふたつのチームができました。


昨年のお正月には、予想することすらできなかった展開に
やたらと悲しんだり怒ったりしていた2004年のプロ野球、
心にちくちくと残って離れないことというのがあります。


たとえば、
合併反対の声が高まっている時に、時たま目にした、
「普段、球場に来ていない人が、ファンみたいな顔して騒ぐな」
「ファンが球場に行かないから、こういうことになったんだ」
というような言葉。

近鉄やオリックスのファンのみなさんや、
工面しながらも熱心に球場に通っている人たちのことを考えると
なんだかひどい言葉だなぁと、まず思ったのだけれど。

それとは別に、とても悔しかった言葉でした。
悔しかったのは、自分自身について考えた時に、
同じような気持ちがたぶんあったからだと思います。

ここ数年、年間10試合球場に行けるか行けないかの自分が、
テレビの野球中継すら見られないことも多い自分が、
合併反対って言ってても、そんなの伝わるわけないんじゃないかって。
そんなファンの声は、無視されても仕方ないものなんじゃないかって。

野球が好きだなぁって思う気持ちだけではどうにもならないものがある、
そんな気がして、悲しくて途方に暮れる思いがしました。


そして、
パリーグを苦しくした要因についての話。
巨人にぶら下がっている、
「阪神をはじめとしたセリーグの球団」
「マスコミ」「セリーグしか見ないファン」とか。
(球界全体の体質として、という話がいちばん多かったと思うけど)

私は、こんなこと考えたこともありませんでした。
ここ10数年阪神ファンやってるけれど、
セリーグとパリーグとに分けて考えていたわけではありません。
どのチームもみんなひっくるめてプロ野球、
そう思ってプロ野球を見てきました。

でも、パリーグの財政難について(球団売却も多かったし)
知ってはいても、あまり意識することはなく、
それを招いている要因・・なんて考えたことありませんでした。
関西地区での阪神の異様なまでの人気が、
オリックスや近鉄を圧迫している可能性なんてことも。

そして、気付いたのは、
ようするに、そもそも「球界の構造」なんてものについて
自分は深く考えたことがないっていうことです。

私にとっての興味は、自分の目の前にある野球だけだったから。
野球を見るのって、どきどきわくわくするなぁ。
自分の好きなチームが勝ったら嬉しいなぁ。
ただ、それだけ。

いや、それでいいんだって思っています。
なんでファンが球団の経営やらお金やらのことを心配したり、
語ったりしなきゃいけないんだって言う人もいます。
私もそう思います。

思うけれど、でも、それじゃぁ、
また愛するチームを奪われる人たちがでてくるかもしれない。
愛するプロ野球そのものがなくなってしまう日がくるかもしれない。

経営者はファンを無視して合併を決めたけれど、
ファンである私だって鈍感でした。
そう、近鉄の命名権売却の白紙撤回に安心したくらいに。
合併しなきゃならない理由をちゃんと説明してよ、と思ったけれど、
説明したって無駄だと思われる存在でしかなかったのかもしれません。


合併問題があちこちで論議されていた中で、
いつの頃からか、ずっと、
「ごめんなさい」
という気持ちがどこかにあります。

何に対してかはよくわかりません。
・・近鉄に? ブルーウェーブに?
・・自分のチームがなくなった選手に?
・・応援するチームを失ったファンの人たちに?
・・そういった当事者の人たちへの悲しみに?
わからない、わからないけど、ごめんなさいって思う。

そして、私はこれからどうしようかな、
なにをしていったらいいのかな、って。
いろいろぐちゃぐちゃ考えたりもするけれど、
今は、とにかく、もっともっとプロ野球に参加していこう、
そう思っています。

上に書いたように、ここ数年、多くて年間10試合くらいしか
球場に行ってない(2試合しか行けない年もあった・・)、
これをいきなり30試合40試合っていうのは時間的に無理だろうけど、
がんばって時間つくって、行けるかぎり球場に行こうって。

ファンクラブに入ろう!なんて思い立ったのも、
このあたりのことと無関係ではなかったりもして。
これもひとつの参加の形だよなぁと思うし。
(ロッテのファンクラブ、
 ほんとに募集されるのか不安になってきたけど)

楽天では球場のボランティアスタッフ募集とかしてるけど、
こういうのもいいかも。(給料もらうわけにはいかないので)
さすがに宮城では年6回以上なんて行けないけど・・
うちの近隣の球場でもあるのかな?

・・・などなど、ぜんっぜん大したことじゃないけど、
なんでもいい、とにかくプロ野球に少しでも多く関わっていこう、
どうやって関わっていけるか探そう、というのが今の気持ち。

好きって気持ちだけでは伝えられないなら、行動してみよう、
無視されるのが嫌だと思うなら、いつも一生懸命考えてみよう、
ってめちゃめちゃ単純な発想しかできないんだけれど。

別に私がどうしようと、なにかが変わるわけでもありません。
そんなことは百も承知の上で、なにをしよう?って考えるのは。
心にちくちく残るものに対して、今、私にできることの精一杯。
自分の中にある「ごめんなさい」への返事。
そういうことなんだと思います。

そして、やっぱり、野球が好きだなぁ。うん。


******************

さて、いつにもまして、だらだら~なこの文章ですが、
先日書いた「バフィーくんエイドキャンペーン」の一環として
「バフィくんへのおたより」のつもりで書き始めたものでした。
それが、書いているうちにどんどん逸脱していき・・・
気がつけば、ただの愚痴ったれになっていたので、普通の記事に・・。
だめじゃん、自分。

でも、新しいシーズンが始まるにあたって、
あらためて思い返すきっかけを与えてくれた
「バフィーエイドキャンペーン」およびrisa-ferunandesu さまに、
勝手にこっそり感謝しております。ありがとうございました。
[PR]



by namit100 | 2005-02-20 21:30 | 野球におもう

夜中に・・・

昨夜0時をまわった頃に、突如、
「テンプレ変えよう」病、発病。

で、こちょこちょやって、またもや例によって、アップしてからの修正・・・
昨夜2時前後にこのページを見てくださっていて、
訳わからんレイアウトで表示されていたって方がいらしたら、ごめんなさい。

これまた例によって、
基本的な部分はたいして変わっていないのですが、
今回は写真を入れるために、HTMLがややごちょごちょなのが
気に入らんといえば気に入らん。

ビミョウに重いような気もしなくもないというか、なんというか。
表示が遅くなったり、動きがのそのそになっていたらごめんなさい。
・・って、なんか謝ってばかりだな・・。
[PR]



by namit100 | 2005-02-20 13:28 | ブログのこととか

そうだ、きゅうじょうにいこう。

ブログの記事にしようと思って、
ながーいながーい文章を書いていたんだけど、
なんか途中でわけわかんなくなったので、
へへんっと投げ出して、もういいもーんって、
ふてくされて、なんとなく、マウスでおえかき。


b0008526_22574927.jpg












えっとぉ・・・ベースがゴミみたい、だとか、
照明灯がはえたたきみたい、だとか、
そんなことより根本的な問題があるようです。

もしも、かみさまが、
「君になにかひとつ、才能を与えよう」って言ってくれたら、
まちがいなく「画力」をお願いするなぁ。
[PR]



by namit100 | 2005-02-17 22:58 | 野球におもう

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ

検索

画像一覧