カテゴリ:毎日のそんなこんな( 122 )




初めての尺八

b0008526_22123736.jpg今日は、半日「尺八講習会」に行きました。
いや別に、普段から尺八やってるとかじゃぁないです。
触るのも初めてなんですけど・・なぜかお仕事がらみで。
尺八職人さん(という呼び名は正しいのか?)をお師匠さんに、
尺八のつくりかた&ほんの少し吹き方も教わってきました。

たぶん世の中には私と同じように尺八に触れたこともない人が
多いだろう、ということで、ちょっとだけ内容をご紹介します。
(んなもん知らんでいい、という人も多いでしょうけど)


[尺八のつくりかた]
1.竹を切る
 ・長さは一尺二寸程度から二尺くらいまでさまざま。
  名前の通り一尺八寸が一般的
  (寸と分の目盛のついたものさしが登場)

2.穴をつくる
 b0008526_2212599.jpg
 ・専用ものさし(←の絵、穴の位置に目印がある)
  を使って穴あけのしるしをつける
 ・きりで下穴をあける
 ・下穴に合わせてドリル先端をあて、電動ドリルでうぃーんと穴あけ
  (万力使わず手で押さえるという・・ちと原始的)
 b0008526_22131593.jpg
  ←穴、こんな感じ。全部で4つ




3.中を筒状にする
 b0008526_22142723.jpg
 ・材料は竹なので、もちろん中は空洞なのだが
  節が残っている。ので節をぶちぬく


b0008526_22134441.jpg
  ←こんな長~いドリルをさしこみ、手動で



さて、ここまではけっこうカンタンそうでしょ?
しかも職人さんは長年の経験で慣れたもの、しゃっしゃと
やっていくので、けっこうぞんざいな手つきです。
一緒に作業を見ていた人たちからも、
案外アバウトやねぇ・・という声がちらほらと。

でも、その仕事でメシ食ってる人がいるってことは
このまま終わるわけはないのです。


4.歌口(吹き口)をつくる
b0008526_2214626.jpg 
 ・口になるほうの先端をななめに切り、
  やすりをかけてなめらかにする
 ・切り取った部分にみぞをつける
  
  この「みぞをつける」はまさに職人技。シロウトにはできません。
  斜めになった薄い部分にクサビ型のみぞを作るのですが、
  ほんと1mm以下の精度の世界。
  ちょっとでも余分なところをけずってしまうと、その竹はおじゃん。

b0008526_2215180.jpg
  ←こういう道具でけずっていきます。
  刃物に見えますが、
  刃型の部分が実はやすりになっています。
  この道具は売っていないので、まず道具から作らねばならないそう。

 ・水牛の角を水と油にひたして圧搾したものをくさび型にけずり、
  竹のみぞにはめこみ接着して余分を切る


とりあえずここまでで一応尺八完成。
あとは吹いてみて、音程を聞いて調整をすることになります。

歌口以外はかんたんにできそうですが、
穴が一直線になってない・歌口と穴が一直線になってない・
穴の位置と歌口の角度が合っていない・・・などは
致命的なので、しるしを正確につけられないとだめですね。


さて、一通りつくりかたを教わった後は、
みんなで尺八吹きにLet's Try!

いや、これがむずかしいのなんの。
お師匠さんは軽やかに「荒城の月」など吹かれるわけですが
私たち一般人の尺八からはしゅーしゅーという音しか聞こえません。
大の大人が10名ほど集まって「しゅーしゅー大会」です。異様です。
だんだん酸欠で頭もきんきんしてきます。

それでも練習続けること30分、のみこみの早い人は
「荒城の月」の1フレーズくらいは吹けるようになり、
へっぽこの私も3分に1回くらいは音が出るようになりました。
「荒城の月」まであと何年かかることやら。

そのあと自分が練習に使った尺八をいただきました。
いただいたのは嬉しかったですが、カバンから竹の棒はみ出した状態で外を歩くのは微妙に恥ずかしかったです。はい。
[PR]



by namit100 | 2004-08-26 22:22 | 毎日のそんなこんな

今さらぶろぐ。

突然思いたったので、こちらのブログにおじゃまです。

阪神が巨人に2年連続の勝ち越しを決めた晩に。(いぇい)
[PR]



by namit100 | 2004-08-07 02:25 | 毎日のそんなこんな

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

画像一覧