さまよえる阪神ファンの心

野球観戦後、帰りの路上でヒッティングマーチを飽きずにかなでる集団をよく見かけます。
以前阪神が負けた試合の帰り道、やはりそのテの集団に出会いました。
負けたのにようやるわ・・と思いつつ通りすぎようとしたら
・・・え、これって、新庄?塩谷?北川?平尾?・・・
阪神から去っていった選手の応援をえんえん続ける阪神ファン。
よくもこれだけ出てくるものだと感心したものですが、
これもまぁ、一種の現実逃避ですね。

さて、相変わらずオリンピックの陰でこっそりと連敗を重ねるタイガース、
こうなったらオリンピックに現実逃避するしかないわけですが、
野球のオーストラリア戦でぼこぼこになっている安藤くんを見て
思わず現実に引き戻されてうつむくしかない哀れな阪神ファン。
幸いにして私はその試合を見ていませんでしたが。

新たな現実逃避の矛先を求める私の目にとびこんできたのは・・・

やっぱりこの人ですか。

「ああいう場面でしか打てない自分が…、大好きです!」

普通言えません、こんなこと。


今シーズンのパリーグはいつのまにかプレーオフ制度に
なっていますが、この制度ってなんだか微妙。

パリーグではマリーンズを応援している私としては
3位争いはなかなか楽しいんですが。

今日現在で2位西武と3位日ハムは10ゲーム離れてます。
このままいっちゃっても3位はプレーオフ出れちゃうんですよね。

こんな「ああいう場面でしか打てない新庄さん」がいるチームがプレーオフ出ちゃったら、また何しでかすかわかったもんじゃありません。
差が10ゲームだろうが20ゲームだろうが、
プレーオフで勝っちゃったら優勝!!って、そんなんでいいのか?

そんなんで優勝を決めるには140試合は長すぎる気がするわけで、
プレーオフに批判的な意見がけっこうあったのも納得です。

メジャーでもワイルドカードでワールドチャンピオンとかありますけど、
やっぱり「ハンデを重くするべきでは」みたいな話も出てるようです。

まぁ、もしかすると最初で最後のプレーオフかもしれないので(ヤダー)
ファイターズにがんばってプレーオフ制していただいて、

「これからはパリーグです!」

とふたたび新庄さんに絶叫していただくのもよいかと。


堀江さんが新球団設立とか「バファローズ」名を売ってくれとか
言っているニュースも気になるのですが、
なんだかよくわかんないので、また後日記事にしてみたいと思います。


あー、現実逃避するのも疲れるわ・・・。
[PR]



by namit100 | 2004-08-19 22:27 | 野球をみる

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

画像一覧