志賀高原編③:来てよかった。しみじみ。

逆回りのおかげで、大集団とは別方向に分かれ(ありがたや)
裏志賀山~志賀山へと向かいます。
大した山でもないだろうと見くびっていたら、けっこう急な登り。
と、前方から「やっほー!」の声。しかも連続で。やまびこ実験?
声はすれども姿は見えず。
姿は見えずとも新たなる小学生グループであることは間違いない。
間もなくやっほー集団とすれ違います。すれ違った後もまだやっほーしてました。

b0008526_155541.jpg裏志賀山頂へは、本道から分岐を分かれて往復です。
途中の見晴らしから大沼池が眼下に見渡せます。
これまた美しい風景。(大集団もいないし)
風も涼しくて気持ちいい。
山頂はうっそうとしてぬかるみ、
小さな祠があるだけですが、その先からも大沼池が見下ろせます。



b0008526_162845.jpg分岐まで戻り、次は志賀山へ。
実は、この裏志賀山-志賀山間の道を歩きたくて来たんです。
(本当は志賀山→裏志賀山の順のはずだったけど・・)
b0008526_163997.jpg
ササとハイマツの緑の谷、振り返れば下には志賀の小池。
ここに来られたことが嬉しくて嬉しくて、
ゆっくりゆっくりと四方を眺めながら歩を進めます。
あぁ、来てよかったなぁと思える道っていいですね。


志賀山山頂から下っていくと、今度は幼児の小集団。保育園かな?
最初のグループからちょっと遅れて次のグループがきます。
先頭の大人(以下:大)と、その後ろの幼児(以下:幼)のお話。
大「○○ちゃんが遅れたら、みんなに迷惑かけるのよ」
幼「ハイ!」
大「ワガママばっか言ってたら置いてっちゃうよ。いいの?」
幼「イヤです!」
大「じゃあ、がんばろうね」
幼「ハイ!!!」(すさまじい気合い)
・・・すごい。エースをねらえみたい。
子どもって大人が思うよりもがんばれちゃうのかも。



b0008526_165119.jpgさて、最後の池、渋池です。
浮島付きの湿原っぽい池、
正面には横手山が見えます。


その後は怠惰にリフトで降り、目の前の日帰り温泉に直行。
ここも、前日泊まったところも、平日のためか一般客はあまりいなくて
かけ流しのキレイな温泉をひとりで使えました。
これもまたゼイタクな体験です。

夏の志賀高原、けっこういけます。ただし、遠足・林間学校のメッカです。
今度はもうちょっと人の少ない時に行きたいもんです。いやはや。
[PR]



by namit100 | 2004-08-10 01:19 | 山をあるく

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

画像一覧