0903 カーネーションらいぶ@リキッドルーム

ライブはシアワセ。それがカーネーションならば、なおさらのこと。
もはや記憶はアヤシイけれど、シアワセな夜の、かじょうがき。

(だいじょぶだとは思うのですが、念のため。
 果てしなく、いわゆる‘ネタバレ’な状態になってますんで、
 これから名古屋とか福岡とか?を観に行かれる方がここにいらしてたら、
 以下はご覧にならないほうがよろしいかと思われます・・・)




******

・何年ぶり~? 10年ぶり~? もうよくわからんです。
 とにかく、3人になってから初めて、生カーネーションに会いました。
 行くまでは、やっぱりちょっとこわかったです。
 5人のときしか知らないわけだし、
 すごい違和感とかギャップとかあったらどーしよー、とか。

 結果から言ってしまえば。
 うん、たしかに違ったこともある。でも、そんなことどーでもよかった。
 変わり続ける/どこまでも変わらない、
 それがカーネーションってバンドなんだなぁと、何度目かに思う。


・直枝さんは、相変わらず、かっこいい。
 大田さんは、相変わらず、髪ふり乱してる。
 矢部さんは、相変わらず、涼しい顔でがんがんドラムを叩きまくる。
 あれ? なんか変わったトコあるんかい?


・+αのメンバーは、ギターの西池さん。
 申し訳ないことに、全然存じ上げなかったのですが、
 このライブにとーってもしっくりくる勢いのあるギターさんでした。
 「Yodo River」(「すまへんすまへんすまへんすまへん」)聴いてみたい~。


・ほんとに「WILD FANTASY」全曲やってくれてしまいました。
 えーっと、すんごい嬉しいんですけど~。

 「心臓の瓢箪からマジック♪」やら
 「おれの眠れる心に気合いのストレート♪」やら
 「折り畳んだ夢なんて飛ぶに飛べない♪」やら
 「え、なんで?」やら・・・が、生でここで聴けてしまうんですもの~。
 とってもミーハーモードになってしまったです。

 そういや、カーネーションのアルバムって、私にとっては、
 毎回‘ライブで好きになる曲’ってのがあったものだったのですが、
 今回のそれはアルバム8曲目「獣たち」でした。

 っつーか、まぁとにかく全部ステキでした。はぁ。(嬉しいため息)


・直枝さん、ギター炸裂しすぎ。実はかなりびっくりした。
 おにゅぅのギター抱えて楽しそうだなぁ。あぁ、かっこいい。

 歌の声も好きだけど、MCの声も好きなのです。ナツカシイです。
 初々しいような淡々としたようなナンなようなMCは、
 なんか、以前よりも一層よけいな力抜けた感じがするな。
 「ゆるずが死んだら・・・」かなりウケました。
 (↑これだけだとなににウケたんだかちっともわからんけど)
 直枝さん・大田さんのやりとりは楽しい。(矢部さんはやっぱり喋らん)

 そして、客席から飛んだ「かっこいい~」の声に照れまくる直枝さんは
 やっぱり、かっこいいんだな。


・「WILD FANTASY」から以外もたくさん~。(思い出した順。抜けてるかも?)

 「Superman」 えーっ? びっくり~
 「幻想列車」 夏の終わるうた
 「REAL MAN」 PVの緑星人が目に浮かぶ
 「たのんだぜベイビー」 かっこいいぃぃぃ~
 「Edo River」 うあぁ、超かっこいいぃぃぃ~
 「Rocket Of Love」 とってもすきすき
 「あの日どこかで」 しみじみといいうた
 「ハイウェイ・バス」 にやりとしちゃう
 「クエスチョンズ」 ライブにぴったり
 「蜘蛛のブルーズ」 次項参照
 「The End of Summer」 次次項参照

 っていうか、何曲やってるんでしょ、このバンドさんってば・・・。
 (まぁ、3時間近くがあっという間だったわけですが)


・「蜘蛛のブルーズ」 大田さんのサプライズ。
 直枝さんは「ほとんどの人が飛ばしてると思う。絶対、人気ない、この曲」
 とか紹介していて、爆笑を誘っていましたが・・・
 えー? 私、これ飛ばして聴いたことないぞぉ。好きだぞぉ。
 「歌詞が見えん!」とかいうハプニングもありつつ、大田さん歌う~。
 このうたって大田さんの声にけっこう合ってるかも。


・ラストの曲は「PARADISE EXPRESS」だと思っていたのです。
 なんせ、アルバムの最後の印象があまりに強かったもんで。
 で、生「PARADISE EXPRESS」で、やっぱりちょっと泣けてきて
 あー、切ないねー、とか思ってたら。

 「ラストです」・・・で。「The End of Summer」ですよ。
 うぁうぁうぁ、どーしよー、ちょっとかなり動揺。
 そうだ、考えてみりゃ、夏の終わりなんだ。これしかないじゃん。

 ギターで、例の「たったかたったたったったったっ」だなんて・・
 あぁ、ヤバイ、もうヤバイ。
 「僕のなにかひとつを信じてほしい」、半分泣きながら、歌った歌った。
 私、自分が思うよりもこのうた好きなんだな、きっと。あー、やられた・・・。


・アンコール。

 直枝さんひとりの「ANGEL」・・・反則。
 この声で、このうたを歌うか? しかもギター1本で。絶対、反則。

 カーネーション3人の「やるせなく果てしなく」
 どこまでも、力強く、切なく。3人のカーネーションの私的テーマソング。

 「夜の煙突」ライブの最後の最後は、やっぱりこのうたが最高!
 たった9行の歌詞から生まれる、素晴らしきうた。
 前と同じように、いちばん最後は飛んでました。おっちゃんら、やるなぁ。


・お客さん、いっぱい来てたなぁ。というよりも、
 なんかね、みんなすごーくカーネーション好きなんだなぁって感じがして
 それがとってもシアワセだったのでした。
 みなさん、筋肉痛やら喉の痛みやらで大変な週明けだったのでは・・・。


******

本当に行ってよかった~。
なんか、5人とか3人とかに勝手に自分の中で引っかかって、
ライブに行きづらい気持ちをもってしまっていたのだけど、
そういうよけいな、どーでもいいもんが全部取っぱらわれちゃった。
またライブ行きます。いつか「コズミック・シー」やってほしいな。無理かな。
[PR]



by namit100 | 2006-09-05 22:50 | 音をきく

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

画像一覧