雨が降る降る、雨が降る。そうだ、山のお道具を。

たまらなく雨の多い10月です。
なんだか新しい台風がまたこっち向きらしいですよ。

雨の何がイヤといって、足元の不快感が何よりもイヤなのです。
一応、雨用の靴などあるのですけど、
この靴がけっこう水しみこみやすくて
雨の中30分も歩き回ると、靴下も足もじとーっといやな感じ。
もう出かける前からユウウツな気分。

で、ふと目をつけたのが、お山用の靴。
(手入れが悪くて、なんかきたなく見えますけど・・)

b0008526_22205894.jpg






ここんとこ、山でも雨に遭うことが多いのですが
かなり頑丈な皮製で、そうとうがんがん歩いても
靴下まで濡れるってことは滅多にないのです。
こんな靴、お山専用にしておく手はない!
・・・というわけで、先週の台風前日から愛用中。

お山用の靴って、けっこう値段高いです。
(というか、山専用品はどんなものでも妙に高価)
で、この靴もだいぶいいお値段だと思われるのですが、
知り合いの方が、ご家族用に買ったけど全然使ってない・・と
新品の状態でぽんっとくださったものです。

靴は自分の足に合ったものを、というのが鉄則ですが、
なんせいただきものなので、サイズは足より2cmくらい大きいし、
足首の骨にはあたるし、やたらと重たいし、
最初は家のまわりを10分くらい歩くだけでも
脱ぎ捨てたくなるような履き心地の悪さでした。

これ履いて初めて山を歩いた時には、
靴下3枚重ね(!)ではいてたにもかかわらず、
足の指から足の裏から足首の骨から、赤あざまみれになりました。

他の靴を買おうかなぁ・・とも思ったのですが、それもなんか悔しくて
こうなったら靴に足を合わせてやるー、と開き直って履きたおしていたら。

馴れとはおそろしいものですねぇ。
やっぱり靴下2枚はかないとダメではありますが、
このまえの二泊三日縦走でも、どこも痛くならずに
歩き通すことができるようになりました。
もちろん赤あざなんてできません。

ただ、ひもの締めかたはけっこうポイントで、
急いでささっとやってしまうと、
途中で「あ、やばい」の手前になったりもします。
靴に足を合わせる締めかたを体得したっちゅうことでしょうか。

この靴のおかげで、雨の外出のうっとうしさ半減。よかったよかった。
さらに、ズボンの裾がべしゃべしゃになるのがイヤな時には
山用のスパッツを着用すると、さらに快適!
(‘スパッツ’って、普通考えるスパッツみたいなのではなくて、
 水をはじくレッグウォーマーみたいな形態のモノ
 ・・って言って伝わるでしょうか)

・・しかし、街中に出て行く格好としては
どんどんズレたものになっていく・・これでいいのか・・?
[PR]



by namit100 | 2004-10-13 22:23 | 山をあるく

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

画像一覧