雨の尾瀬その1:至仏山

尾瀬には、過去2回行っていますが、なんの因果か、
裏道をひっそりと歩いたり 滝を見たり がつがつ山に登ったり
で、尾瀬の銀座とも言うべき「尾瀬ヶ原」は未体験・・という、
なんだかわけのわからないことになっておりました。

今回も、2日間で至仏山・燧ヶ岳と2つのお山に登っちまおう、なんて、
やっぱり、なんとも‘がつがつ系’の日程だったのですが、
その2つのお山の間には、なんと尾瀬ヶ原が広がっているのです。
ということは、尾瀬ヶ原を縦断できる、ということなのです。
やっと尾瀬っぽいとこに行ける!やったー、と、浮かれる私。
山2つ? 百名山? それがどーした、メインは尾瀬ヶ原よ、みたいな。
まぁ、至仏山は初めてだったので、それなりに楽しみにはしてましたが。

そんなこんなで、非常に暑かった金曜の夜、尾瀬行きの夜行バスに乗車。
しかし、夜行バスというものは、ほんっとうに寝れませんですね、はい。
お山に行く前の晩というのは、いつも、だいたいが
遠足の前の子供状態であまり眠れないのですが、
1時間寝たか寝ないかで山に登るというのはさすがに初めてです。
本当に歩けるのかなぁと不安に思いつつ、尾瀬・鳩待峠に到着。
朝ごはん用に持ってきた蒸しパンをかじって、出発したのでした。

******

「鳩待峠」は、至仏山への登山口になっています。
b0008526_23193117.jpg








このときには、青空が見えていましたが、予報はアヤシげ。
「あぁ、このままお天気がもってくれれば」と、むなしい願い。

登り始めは、寝不足の身体に優しい、ゆるい傾斜の山道でした。
林の中を「これは○○草」とか言いながら、ゆったりと登る、
ステキな感じの山歩き。あぁ、久しぶりの山はいいねぇ。
ふっと景色がひらけて、遠くの山並みに嬉しくなるのです。
b0008526_2320926.jpg








初めて訪れた至仏山の印象は「平坦なお山だなぁ」というものでした。
山なんで、平坦というのはおかしいのですが、
本当にゆるやかに登っていく感じです。
お花の写真なども撮りつつ、非常にいい気分。

ミヤマキンポウゲ
b0008526_23205231.jpg








シナノキンバイ
b0008526_2321151.jpg








これは、なに?
b0008526_23214053.jpg








えーっと、これも、なに?
b0008526_2322937.jpg








が、そんなことをしている間にひっそりと近づく、曇り空の気配・・・
b0008526_23223917.jpg








そして、ふと気がつけば、周りはガスの中・・・
b0008526_2323451.jpg








道標も、うすらガスの中にたたずんでいます。
b0008526_23232275.jpg








見上げれば、あれは雨雲か。
b0008526_23233953.jpg








・・と思えば、突然さぁっとガスも雲も切れて、下界が見渡せたり。
「どっちやねん」と言いたくなるような、これがお山の天気。
b0008526_2324041.jpg








で、結局「どっちやねん」の答えは、「雨」だったのでした。
山頂までは、とってもたくさんの人が登っていたので
時折渋滞に巻きこまれたりしている間に、雨はどんどん強くなり。
横なぐりの雨。遠くで雷。あぁ、やっぱり‘山で雨女’健在。

そんな中で「え?もう山頂に着いたの?」と思ったら
石標には「小至仏山」の表示。‘小’ってなによ、‘小’って。
・・と、思いながら、さらにざくざく歩いていくと、
どれくらいの時間が経ったのかもよくわからなくなった頃に
やっと今度こそ「至仏山」の山頂に着きました。
b0008526_23242617.jpg








が、相変わらず雨はじゃんじゃん降っているし、
周りはなーんにも見えないので、山頂に留まること1分くらい、
山頂の感慨もなにもないままに「山の鼻」方面の下山道に入ったのでした。

下っている途中で雨は徐々に上がっていきました。
たぶん、上の方だけでしか雨は降っていなかったんだと思います。
しかし、水というものは、高いところから低いところへ流れるもの。
上で降っていた雨がどうなるかといえば
↓こんなことやら
b0008526_23245010.jpg








↓こんなことやら
b0008526_23251565.jpg











・・になったりするわけです。
よーするに「道」がそのまんま「川」になるわけで。

なんというか、もう床上浸水みたいな下り道。
最初は靴が水没するのが気になったりしてましたが、
だんだん楽しくなってきてしまい、じゃばじゃば歩いてました。
↓楽しいついでに靴水没の写真も撮ってしまいました。
b0008526_23253866.jpg









調子に乗っていたら濡れて滑りやすくなっている木段で
注文通りに滑って、「べちゃっ」とコケまして、
左足に2ヶ所、青タンつくってしまいました。
ついでにアゴも打ったのですが(どういうコケ方だ)、
そっちは外傷なし。あぁ、よかった。

で、どーでもいいですが、至仏山ってのは、ちとばかり詐欺っぽいです。
登り道は本当に緩やかでラクだなぁという感じだったのが、
下り道は妙に歩きにくいというか。
道が川になってたからというのもあるんでしょうが、
そうでなくても岩というか、大きな石がごろんごろんしていて、
水無しの時には、傾斜のある河原みたいな感じなんじゃないかと。
標高差も、登り道より下り道のほうが大きいようで、やけに長く感じるし。
「行きはよいよい、帰りはこわい」みたいなお山だと思いました。

まぁ、そんなことはさておき、やっとこ川道を下りきると、
そこは突然湿原でした。木道も乾いていて、歩きやすいことこの上なく。
b0008526_2326659.jpg







そして、山の鼻の小屋に到着~。
b0008526_23262432.jpg







ここでとりあえず、コーヒーを1杯。(他のみなさんはビール)あぁ、美味い。
今日の宿泊地、竜宮まではあと1時間半くらい。
そして、その道のりは「尾瀬ヶ原」なのです。わーい。
[PR]



by namit100 | 2006-07-17 23:26 | 山をあるく

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

画像一覧