せ、せかいいち・・っすか・・・ほんとに?

ちょっとかなりびっくりしちゃったWBCトーナメント進出でしたが、
ここまでやってくると、ちゃんと試合が日本でも休日・祝日の放送に
当たるようになってたのですね・・。
そんなわけで、準決勝はほぼ全部、決勝も断片的に見ることができました。

なにはともあれ、まずは。
日本チーム、WBC初代優勝、おめでとうございます。

1次リーグ2位通過の時に、
「昨年の鴎ちゃんのように『リーグ2位だけど・・』にならんかなぁ」
呟いていたら、2次リーグも2位だった上に、
タナボタちっくな準決勝進出でもありましたが、
ほんとに‘一等賞’になってきてくれました。

準決勝、途中まではかなり緊迫した試合展開でしたが、
最後はどかーんとかましてましたねぇ。
そして決勝は、初回からどんどこ打ってて気持ち良かったです。
(後半のどんどこ打たれたところは見てないんですが・・
 さすがキューバ、ただでは負けてくれませんですね。
 っつうか、これで大量得点差で勝ったらちとツマランとか思ってた)

私、嬉しかったです。

前から言ってるように‘世界一’に興味はそれほどないですけど、
なんだかんだと言われ続けた大会の中で、
日頃せっせこ日本のプロ野球を頑張っている選手たちが、
自信と誇りを持って結果を手に入れてきたわけですよ。
それは、すごくシンプルに、一生懸命やってることが報われたわけですよ。

で、決勝の時には職場の部署内での小旅行中だったんですが、
普段ほとんど一緒に野球の話とかしない人たちが
「WBCどうなってる?」とか言って、
料理屋さんの個室でテレビつけるわけですよ。
で、大量のお魚をかっ食らいながら、
今江さんのタイムリーに「おーっ」と拍手とかするわけですよ。

‘野球の国際化’とか考え出すと、小難しい話になるけれど、
例えば、こうやって、
なんとなく「どうなってるかな?」って気にしたり、
一緒に応援してみたり、っていうことができるのって、
些細なことかもしれないけど、
やっぱりそこにはなんか意味があるんじゃないかと私には思えます。

あの絶叫中継は、どーしても大嫌いだけど。
そんな絶叫なんかで人の心が動くわけじゃない。

まぁ、率直に言って、「え?せ、せかいいち?これで?」
というような薄さはあるんですが、
それは大会の在り方根本に関わる問題だと思います。
まぁ、アメリカさんもぎゃふんとなったわけですし、
(カナダさん&韓国さん&メキシコさん、すごいっす・・)
この大会の優勝が真の世界一、と誰もがあたりまえに思うような
そんな大会にしていけるといいですね。

ともあれ、王監督、選手たち、関係者のみなさん、
本当にお疲れさまでした。
ゆっくり休む間もなくペナントが始まりますが、
また私たちの大好きな野球の試合をこれでもかと見せてください。
[PR]



by namit100 | 2006-03-22 20:33 | 野球をみる

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

画像一覧