北アルプスへその3:常念岳~下界

三日目の朝。
4:30に一斉に電灯がついた途端、同部屋の別のグループの人たちは
朝からやけににぎやか・・・ちょっとにぎやかすぎかも。

とりあえず雨もあがっていたので、常念(じょうねん)岳へと向かいます。
すごい早さでガスが流れていて、時折槍ヶ岳が姿を現します。
常念岳への道も、これまた岩だらけ。土が恋しくなる頃です。
b0008526_2310959.jpg










1時間強で山頂にたどりつき、見下ろすと雲海が。


b0008526_23113596.jpg










ひとしきり写真など撮り、下りながら景色を眺めていると
岩に足をとられて危険・・・。
下の写真、くっきり写っている中のいちばん向こうの山から、
尾根をたどって、山をまいて、ここまで来た道が全部見渡せました。


b0008526_2312230.jpg










三日であの道を歩いてここまで来たんだ~と思うと
感動するような、まっとうな人間のやることじゃないような、
なんともいえない気分です。

いったん常念小屋まで戻り、いよいよ下山です。
いくらか下っていくと沢とであい、あとは沢づたいの道を下りていきます。


b0008526_23122830.jpg










何度か沢を渡ったりもして、水っぺり好きな私には素敵な道だったのですが、またもや雨の道中に・・しかも、下に行くにつれて本降りになってしまい、道も沢になっている中を2時間ほど歩くことになりました。
‘すたこらさっさ’という音が聞こえそうな歩き方してた気がします。

ともかく下りきって、入った温泉は気持ちよかった~。
二泊三日、靴下以外、一切着替えず状態で、
(同行の人たちはそれなりに着替えてたようですが・・すごい)
下山しながらも、お風呂・お風呂・・と唱えてたので。

願わくば、雨に遭わずに山を歩きたい、という思いはあるものの、
二泊三日山行デビューはなかなか素敵な体験でした。
なんでみんなしてアルプス、アルプスに騒ぐのか不思議だったのですが
行ってみて納得ですね。今回行ったところもまた行きたいけど、
遠くから眺めただけの山にも行ってみたくなるもんなんですね。
はまりそう・・? うーん、困ったなぁ。
[PR]



by namit100 | 2004-10-03 23:11 | 山をあるく

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

画像一覧