箱根が終わる。正月が終わる。もう今年も終わりだね。

箱根駅伝、まぁ、今年もいろいろありましたね。
亜細亜大学の優勝には「びっくり」でした。
親戚に箱根経験者が一人おりまして、その人が亜細亜だったので、
別に全然応援はしてないけど、いつも一応順位は注目してます。
で、昨日も「地味に順位ちょこちょこ上げてるよねー」とか話してたら、
今日はまさかまさかの優勝でした。復路6位スタートから優勝って。
今日は静岡方面は喜びの正月となっていたかも。

それにしても。
やたらと実況さんが、「スーパーエース」やら「スーパールーキー」やら
「スーパー大安売り」な中で、一人も「スーパー」な人がいないチームの優勝。
しかも、往路も復路も1位じゃないのに地道に総合優勝。
・・・なんとなく、昨年のどっかの野球チームみたいだな、亜細亜さん。
こーいう優勝ってのもなんかいいなぁとか思いますですよ、はい。
監督さんも選手のみなさんも、嬉しそうでしたねぇ。あたりまえだけど。

優勝が分散しただけあって(?)、なかなか競った大会でした。
繰り上げスタートがなかったのは、喜ばしいかと。
亜細亜さんも順天堂さんも法政さんも、まとめておめでとう。
順天堂の難波選手、かわいそうだったけど、ほんとよく走りましたね。
あんな状態で5kmとか、どーして走れるんでしょう。
なんだかんだ言って、ああいうアクシデントが一番印象に残るってのが
まぁ、駅伝の駅伝たる所かなとか思いつつ。

しかし、個人的に今大会最も印象的だったのは、駒澤の5区・村上選手です。

今回の5区といえば、順天堂の今井選手が目玉だったようで、
中継の9割方は、今井選手が画面に出ていたような感があり、
確かにすごい選手なんだろうけど、いくらなんでも、だったんで、
「他の選手も一生懸命走ってるんだからもうちょい映してやれよ」
と、母子でブーイングを飛ばしておりましたが。
(ついでに言うと実況さんが「今、今井正人が・・」と言うたびに
 「い」と「ま」ばっかで聞きづらいんじゃっ、早口言葉か?と思っていた)
まぁ、そんな中でも村上選手、
えらく寒そうな天候にも、表情はほとんど変わらず、
今井選手に抜かされても無理をせず、淡々と自分のペースで走り、
何気にちゃーんと30秒差で2位につけたってのがいい。
今時珍しくなりつつある坊主頭と駒澤大学ってことで、
勝手に「坊さん」と呼んで応援しておりました。ごめんなさい。


で。ここ数年、箱根駅伝が終わると、
「はぁ、今年ももう終わりだねぇ」という気分になるのは私だけ?
いや、まだ初詣も行ってないんですけどね・・・。
[PR]



by namit100 | 2006-01-03 21:33 | 毎日のそんなこんな

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

画像一覧