ソノ チーム ハ イチバン デス!!!

千葉ロッテマリーンズ、日本一おめでとう!

なんかもう、その瞬間は、びっくりというか、ボー然というか、
明らかにプレーオフ制覇の時とは違う、不思議なぼんやり感。
えー、本当に日本一? これが? という妙な実感のなさ。

とはいえ、グランドの笑顔・笑顔の歓喜の輪や、
ボビーさんの胴上げ、監督インタビューなどを
見ているうちにやっと「あー、日本一なんだー」って、
嬉しさがこみあげてうるうるしていたところに、電話が鳴りました。

電話の向こうには虎ファンの知人。
ものすごい沈んだ声で「負けたよー・・・」
うぁー、ごめん、と思いつつも
「どーでもいいけど、監督インタビューの最中に電話してこないで~」
などと口走ってしまったら、
「まだテレビ見てるの?」と言われてしまいました。

えぇ、見ておりますよ。しかもうるうるしてましたよ。
にわかとはいえ、マリーンズファンでございますから。
んで、MVP・今江さんのインタビューを見ながら、
ひとしきり電話で日本シリーズ反省会していたという・・。
とにかく落ちこんでました、虎ファン。
(今でも「一番好きなのは江夏」という人だしねぇ・・)
しかし、落ちこみながらも「おめでとう」と言ってくれました。
どうも、ありがとうね。


やっとコバマサさんの出番がまわってきた今日の最終戦、
劇場への期待と不安のないまぜもありましたが、なんのことはなく。
(無死1塁なんて、劇場のうちに入らないよね?)
なんだかびっくりするほどあっけなく、日本一になってしまいました。
プレーオフを制してそのまま日本シリーズに出るっていうのは、
こういうことなんですかね?
日程のことばかりが昨年以上に過剰に取り上げられましたが、
このシリーズでのマリーンズの強さというのは、日程というよりは、
プレーオフの内容がもたらしたものだったように思います。

いや、なんと言われても、本当に強かったですよ、マリーンズ。
勢いとかマジックとかばかりで言われちゃうのが悔しいくらい。
試合内容そのものは、残念ながらすっごく楽しいとは言えなかったけど、
楽しそうな充実した選手たちの姿が、幸せな気持ちをくれました。
いっぱいマリーンズに幸せをもらったこのシーズン、
その最後の最後までこんな気持ちを、ありがとう。

これで初芝さんの応援歌はすべて達成? マリーンズ、すごすぎ!

で、プレーオフ制覇にひき続きまして、
またも平日に日本一を決めてくれちゃったマリーンズ。
あぁ、また寝られない夜になっちゃうなぁ。明日がツライなぁ。
でも、嬉しいなぁ。なんて幸せ者なんだろうなぁ、私。
心ゆくまでお酒など飲んでみたいような気もしつつ、
そば茶で祝杯をあげている夜なのでした。
[PR]



by namit100 | 2005-10-27 00:00 | 野球をみる

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

画像一覧