It's no magic , no magic !

職場を出る間際、1-0 でホークスリードの知らせ。
そこからちらりとプレーオフの話題になったり。
ベイファンやスワローズファンの先輩たちが
「やっぱり、31年ぶりだから優勝させてあげたいね」と、
マリーンズを応援してくれていることを知って意外やら嬉しいやら。
そんな中で「でもホークスは2年連続1位だし・・」
・・とか、ごにょごにょと言っている私。おまえはどこのファンだ?
この期に及んでいまだ拭えずにいた、2位通過のマリーンズが・・
などという思いを雨の中の帰り道、すべて吹っ切って。
ホークスに申し訳ない? そんなこと思ったら、それこそ奢りじゃないか。
このプレーオフで、両チームがどれだけの戦いをしていることか。
まだたった1年とはいえ一生懸命応援してきた大好きなチームを
ここで思いっきり応援できなくてどうするんだ。そんな原点へ。

*******

帰宅してテレビをつけると、5回表。
オオツカアキラ氏、三振でチェンジの場面。
スコアは、ホークスが1点追加していて 2-0。
どうなろうとも、必ず最後まで見届けようと、
映像はテレビ東京で、音声はニッポン放送で、という
昨日と同じ布陣(?)で、見て聞いて。
田尾さんの解説ももう5日連続。なんだかもはや他人とは思えない。

が、見ているうちに、とにかくぼろぼろと涙がこぼれてきて、
どーなっとるんだ、なんだこれは、もう自分でわけがわかんない。

西岡選手のヒットと盗塁の果敢な姿に泣いた。
福浦選手のタイムリーヒットに泣いた。
淡々とアウトを取り続けるセラフィニ投手に泣いた。
なんで垣内選手~?と思った瞬間にヒットを打った垣内さんに泣いた。
レフトライナーに倒れて一塁に座りこむ西岡選手に泣いた。
川崎選手のゴロに横っ飛びした早坂選手に泣いた。
泣きすぎで左目が痛くて、また泣いた。
初芝選手の内野安打に爆笑した。(あれ?)
投手交代の背後でランニングしている初芝選手に、またもや爆笑。
里崎選手の一振りにガッツポーズして飛びあがって泣いた。
ぎりぎり逆転のホームを踏んだ福浦選手はベンチ前で吼えていた。
思わずガッツポーズのまま、部屋中を走りまわっていた。(異常だ)
連続四球の自爆劇場をしのいだ薮田選手に泣いた。

そして、9回裏、コバマサさんが帰ってきた・・・
でも、今日は必ず抑えるって信じていたんだ。
相変わらず根拠はないけれど。
でもでも、心のどこかにちらっと覗くのは。
「この試合が続いてほしい、終わらないでほしい・・」
そう思わせるほどの試合なんて、そうそうないよ。

優勝まであと1アウトとは思えないベンチの雰囲気。
どーでもいいけど、みんなしてガム噛みすぎ。
川崎選手が打った瞬間、里崎さんはもう両手を挙げて跳ねていた。
おそろしく敏捷にコバマサさんに抱きついているのは、誰・・?
えーっと、普通こういう瞬間って、まず投手と捕手が抱き合うんじゃ?
んで、ニッポン放送の松本アナさん、すんごい泣き声。
・・そんな余計なことを考えながら、
またもや涙がぼろぼろと、というか、だーだーと・・・
西岡さん、誰かと抱き合ったまま顔をうずめている。よくやった。
3戦目、あの同点劇の後の延長戦、流れは完全にホークス、という中
それでもヒットを放ち盗塁を決めた西岡さんが、希望をくれたんだ。

ホークスベンチには、松葉杖の城島選手があらわれ、
泣き崩れる選手に声をかけていた。
石像のように動かない、王監督。松中選手。
2年連続、レギュラーシーズン優勝しながらのプレーオフ敗退。
その気持ちは、自分などにははかり知ることなどできない。
どんな言葉も気安くかけることなどできない。
それでも、選手はグランドに整列し、
たくさんのホークスファンもマリーンズに拍手を送ってくれた。

私は、心から思う。ホークスは強い、と。
ホークスが強くいたから、マリーンズはここまでこれた。
ホークスが強くいたから、素晴らしいプレーオフになった。
ホークスが強くいたから、今のパ・リーグがあった。
本当にありがとう。

そして、王者ホークスへのチャレンジを果たしたマリーンズ。
「魔法じゃない」ボビーさんの言葉通り、全員で全力で挙げた勝利。
本当におめでとう。本当にありがとう。

野球を好きでよかった。マリーンズを好きでよかった。
「10.17」 私は、この日を忘れない。けっして。
[PR]



by namit100 | 2005-10-17 23:49 | 野球をみる

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

画像一覧