オリックスについて、きわめて個人的ないくつかのこと。

初めて「阪急ブレーブス」という球団を知ったのは
小学校に入学した時でした。

親の転勤で関西へ引越しと同時の入学式、
同じクラスに山田久志投手の息子さんがいました。

プロ野球のチームといえば、
ジャイアンツとライオンズくらいしか知らなかった私。
(なぜかライオンズを知っていたのは、幼稚園の頃、ご近所に
 西武ライオンズができて、ライオンズシールをいただいたから)
山田投手というのはどうやらみんなが知っているようなすごい人らしい、
というのはうちの親の話を聞いていてもなんとなくわかったのですが。

当の山田くんは、遠足の時に電車内の吊り革にぶら下がって
叱られてるようなごくフツウのやんちゃな男の子で、ようするに、
親の偉大さなんてのは子供同士で遊ぶことには関係ないわけです。

でも山田くんのおうちはとてもりっぱで、
ピンポン押すところにちっちゃいテレビみたいのもついていて、
野球選手ってお金持ちなんだぁとか思ったり。
時々見かける山田くんのお母さんはとても華やかな人で、
野球選手ってなんだかすごいんだなぁとか思ったり。
山田くんも将来野球選手になるんだろうなぁなどと漠然と思ったり。

ともかくも、阪神間に住んでいながらタイガースの存在はよく知らなかった私が、そんな小さなつながりで、ブレーブスには妙な親しみを感じていたのは確かです。
山田投手が球史に残る屈指のサブマリン、
とかいうことを知るようになったのは、もっとずっと後のことです。

その後の私は、親の転勤で2年後には関東に舞い戻り、
一族郎党巨人ファンの家庭の中で巨人ファンになり、
85年の阪神優勝を見て突如巨人ファンを卒業し、
球団など関係なく野球にどっぷりハマる中学生時代を送り、
高校野球の予選で一度だけ山田くんが投げる姿を発見したり、
そんなこんなで、高校卒業とともに、ふたたび関西に住むことになりました。

その間に「阪急ブレーブス」は「オリックスブレーブス」、
さらには「オリックスブルーウェーブ」と名を変えていました。
本拠地も西宮球場からGS神戸に変わっていました。
(私は一度も西宮球場で阪急を見たことがありません。
 今でも悔いが残ることのひとつです。
 ついでに、川崎球場でロッテを見たことがないのも悔いが残ります。)

GS神戸には、当時タダで入れちゃう身分だったこともあり、
(わかる人にはわかりますよね)時々足を伸ばしました。
最初の頃はまだ高校出たてのイチロー選手も
ちょぼちょぼしか出ていませんでした。

新しくてきれい、というのもありますが、
「グリーンスタジアム」の名にふさわしい球場です。
私は、昔の所沢球場が、プロ野球の球場では一番美しかったと
今でも思っていますが、GSはその次に挙げてもいいかな。

そして、いつ行ってものんびりと野球が見られる、
居心地のいい球場でもあります。

その頃には完全に阪神ファンと化していたので、
甲子園に行けば、翌日はのどイガイガになるほど熱狂していて
それはそれで若者としては楽しいのですが。

GSの混み合っていない座席で、特にファンというわけでもない気楽さで、
だらーっと、ぼけーっと、全然関係ない話をしながら野球を見る、
この雰囲気がたまらなく好きでした。
そして、星野投手のカーブは、こんなド素人が見てもまちがいなく「遅い」
・・とわかるのに感動したり。

やがて、イチロー選手が頭角をあらわします。
突然びっくりするような打率で首位打者となった、
同い年のこの選手のインタビューをプロ野球ニュースで見ながら、
友人と「なんか理屈っぽい人やねぇ」と言い合ったのも懐かしい。
その友人は「イチロー、イチローって言うけど、わたしは田口がいいんよ」
と、田口選手を応援してました。
いまではイチロー選手も田口選手も海を渡ってしまったなぁ。

震災の年、個人的には、マスコミが騒ぐほど勇気を与えられたっ!って感じでもなかったけれど、ブルーウェーブファンではなかった自分でも、やっぱり神戸のチームの優勝は嬉しかったです。
友人がずらりと並んでチケットを手に入れてくれて、
対ヤクルトとの日本シリーズを見に行きました。
今まで日本シリーズを球場で見たのは、この一回だけです。
ヤクルトの方がなじみのある選手がどうも多くて、
だんだんどっちを応援してるんだかわからなくなったり・・。

その翌年に一度行って以来、また関東に戻ってきてしまったので
GSに行くこともなく現在に至っています。


やがて、グリーンスタジアム神戸は、なんちゃらBBとかいう
ヒドイ名称になってしまい、
(こんなセンスがオッケーならば、近鉄球団の命名権売買認めて
 ‘かに道楽’バファローズになってもよかったくらいです)
オリックスは近鉄と合併することになってしまいました。


仰木さんが、新しい統合球団の監督に決まりそうです。
この球団をつくっていけるのは仰木さんしかいないってことなのか。
新しい球団に、再び「仰木マジック」といわれた魔法をかけることは
できるのでしょうか。

そして、イチロー選手は、メジャーの年間安打記録に挑戦しています。

私が初めて「阪急ブレーブス」を知ってから20数年、
来年は「オリックスバファローズ」となる球団に感傷を抱きつつ、
なんか年とったかもしれない・・と、
突然意味もなく関係もなく呆然としているのでありました。
[PR]



by namit100 | 2004-09-25 23:25 | 野球におもう

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

画像一覧