八ヶ岳へその3:赤岳~中岳~阿弥陀岳~美濃戸

3日目。あっという間に最終日です。

朝焼けから始まる一日。あぁ、やっぱりきれい。
残念ながら太陽そのものは見えませんでしたが。
b0008526_2335817.jpg








b0008526_23352885.jpg









朝陽がやわらかくさしこむ、小屋の入り口。
b0008526_23355792.jpg









さて、さっそく赤岳を下っていきます。
赤岳の頂上直下から延々と続く岩場、クサリ場。
b0008526_23362175.jpg









うーん、これも途中で撮ったんだけど・・どこ?
b0008526_2336439.jpg








b0008526_23371074.jpg










なんだかとんがっている中岳を越したところで、
ザックを置き去りにして阿弥陀岳に登るんだそうだ。
しかし、この阿弥陀岳って・・
正面から見ただけでも・・上のほう、岩しかないし。

はぁ。また、岩か。
登り始めたら、やっぱり岩々してるし。
なんつーか、もう「岩は間に合ってます」って気分です。
b0008526_2337429.jpg














しかし、お花はかわいい。
b0008526_23385326.jpg










いやもう、これくらいは楽しみがないと、やっとれんです。
・・というくらい、本当に岩にウンザリしてました。
あまりにウンザリしすぎて、もはや‘三点確保’も怖くない。
あれ? それって進歩してんのか? よくわかんない。


阿弥陀岳の頂上からの景色は、ばっちり。
下界まで見下ろせて、本当に美しいものでした。
b0008526_23411751.jpg








しかし、私の頭の中は「あー、また、あの岩降りるのかー」
と、ウンザリちゃんがささやいていたのでした。

阿弥陀岳を降りて、再びザックを背負い、いよいよ下山。
途中で、前日の横岳全貌を見渡すことができました。
「あそこを登ったのねー」という感慨もなくはなかったけど、
どちらかというと、
「あんなとこ登るなんて、絶対、頭オカシイよね」
って感じですね。と言ったら、笑われたけど。

「人はなぜ山に登るのか」
なーんて言葉が頭をよぎっちゃったり。
たぶんね、壮大なる自己満足なんだろうな、山に登るって。
山をこよなく愛したじーちゃんに、いっぺん聞いてみたかったな。

そんなことを思いつつ、ひたすら歩く下り道。
途中の行者小屋という小屋で飲んだ、
りんごジュースが美味しくて、元気100倍。
周りも林に戻ってきたし、そこからは快調な下山でした。
b0008526_23414664.jpg









後はもう、バスのある美濃戸口までがんがんに歩き、
下山後のお約束、温泉へ。

で、今回でわかったのは。
私、岩場が好きじゃないんだなぁってこと。
体力的には全然キツイわけでもなくて、
身体は余裕でついていくんだけど、
どーも心がついていかないんだな。
過剰な恐怖心はなくなったけど、岩場は楽しめない。
なんか、気持ちはどーでもいいままに、
足と手だけが進んでいくようなばらばらな感じで。

・・・というようなことを、お風呂あがりに
きゅうりをかじりながら‘お師匠さん’に話していました。
‘お師匠さん’は「別に決めつけなくていいんじゃない」
「肯定も否定もなく」と言ってくれてたけど、
やっぱり自分は1000mくらいまでのお山でごそごそしてるのが
合ってるんじゃないかって思うんだよねぇ。

・・・が。
帰ってきてみると、あのウンザリする岩場が
けっこう懐かしいような気がしている自分がいる・・あれぇ?
なんだろうなぁ、これって。
「人はなぜ山に登るのか」なんてちっともわかんないけど、
これって、きっと、山が好きなんだ。

なんだか、もひとつお山にはまってしまったような、
そんな気がする八ヶ岳行きでした。
[PR]



by namit100 | 2005-08-09 23:44 | 山をあるく

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

画像一覧