ボビーさんの笑顔、アメリカンすぎてややコワイけど。

今日は、雑誌「Number」の発売日。
というわけで、昨日あわてて、7/14発売号を買いに走りました。
ふぅ、ぎりぎりセーフで、間に合った。

そんな「Number」前号のタイトルは
「No Baseball,No Life! 我が道を往く。」
投球に入るときの、腕を上げている野茂投手が表紙です。
特別目新しくもない選手の、特別目新しくもない記事。
だけど、やっぱり次へ次へとページをめくって読んでしまう。

んで、自分は、野球をみるのが好き、なのと同じくらい、
野球や選手にまつわるドラマを読むのが好きだなぁって、思う。
どんどん読んで、読んだはしから忘れていくけどね。

親の本棚からひっぱりだした近藤唯之さんの本とか、
タイトルにひかれて買った山際淳司さんの本とか、
偶然本屋さんで発見した阿久悠さんの「甲子園の詩」とか、
それはそれは野球を観ることと同じくらい(あるいはそれ以上に)
夢中になって読んだもんでした。

自分がメジャーリーグにどーも関心がむかない理由は、
メジャーリーグをみてこなかったっていうこと、
それにまつわるドラマを知らないっていうこと、
・・・なんだろうと思います。
身体にしみついた記憶ってもんが、まるっきりないもんなぁ。


で、今日は今日で、「関西アホボケ野球連盟」さまの
平野選手にまつわるコラムを読んで、ちょっと涙出そうだったり。
この方の感覚というのは、
自分的に共感したり相容れなかったり、いろいろですが、
(あ、今も頑なに「GS神戸」とか言うのは同じかも・・)
時たま、こういう、うるっとするのに出会ってしまいます。
[PR]



by namit100 | 2005-07-28 21:31 | 野球におもう

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

画像一覧