はるかな尾瀬、遠い空。

デジカメの写真ファイルを整理していたら、
昨年7月に尾瀬に行ったときの写真が出てきて、
懐かしくなったので、ちょびっと載せてみます。

尾瀬といっても、もう7月だったので、
「夏が来れば思い出す~」で有名な水バショウは、
もういませんでした。あれは6月くらいだそうです。
別に好きでもないので、どうでもよかったんですが。

尾瀬は夏~秋にかけて、土日など非常に混み合うそうですが、
空いている平日を狙って行ったのでした。
その中でも、尾瀬の周囲では訪れる人が少ないという
燧裏林道’では、すれ違う人もほとんどいない状態でした。

林道といっても山道です。そして、すばらしいところでした。
「御池」というバス停から出発して
小規模ながら点在する湿原を歩き、新しい橋を渡り、
美しいブナ林を通り抜けて、迫力ある三条ノ滝をみて、
温泉小屋と呼ばれるところへ・・・という道を往復しました。
往復で6時間半くらいだったでしょうか。

湿原のワタスゲ。ほんとに一面に広がっていました。
(この写真、テンプレに使ってましたわ・・)
b0008526_21345374.jpg













湿原の中のかわいらしい池塘。
b0008526_21353391.jpg













三条ノ滝。落差は100mにもなります。
うーん、写真では大きさが伝わらないなぁ。
b0008526_21355585.jpg

















次の日には、尾瀬沼畔から‘燧ヶ岳’に登りました。
まず「尾瀬沼山峠」というバス停から、
燧ヶ岳の登り口に行くまでに約1時間歩きます。
階段ばっかでちょっとツライ。

沼畔の分岐から、燧新道(長英新道)を登ります。
ここに登る登山道の中では、もっとも楽な道だそうです。
山頂まで3時間くらい。
下山するときには、途中から豪雨に見舞われ、
道が川というか、ほとんど滝状態でつらかった・・・。

尾瀬沼へと続く木道。
b0008526_21361660.jpg













尾瀬沼畔に建つ、長蔵小屋。
b0008526_21363854.jpg













燧ヶ岳山頂から見下ろす尾瀬沼。
トンボが多かった。端っこのゴミみたいのも、トンボ。
b0008526_213774.jpg













尾瀬は、必ずもう一度来たい、と思わせるところでした。
(今年もお誘いがあったんですけどねぇ・・・
 6月4日、だったんですよねぇ・・・
 虎-マリーンズ@甲子園、だったのよねぇ・・・)
実は、一番有名な‘尾瀬ガ原’に行けなかったので、
今度はそこを回ってみたいなぁと思っているのでした。
[PR]



by namit100 | 2005-07-27 21:37 | 山をあるく

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

画像一覧