大変感傷的になっている。

ストが行われると、ファンの野球離れがすすむのではないか-
誰がいつ、そんなことを言い出したのだったか。


2日間のプロ野球スト明け、20日の6試合。
雨にならなくて、本当によかった。

「野球をやれる喜び」「ファンにいいプレーを見せたい」
型どおりとも思える言葉、しかしその言葉通りの選手のプレー。

球場に足を運び、いつにもまして声援を送るファンの姿。


そして、新庄選手。

前日の予告通り、わけのわからんレンジャー隊と化して登場。
なんてかっこわるいんだろう。
かっこわるいことがなんでこんなにうれしくなるんだろう。

ダイエーとのシーソーゲーム、
小笠原選手もオバンドー選手もよく打った。
9回裏、奇跡的に同点として2アウト満塁。
なんでここでこの人にまわってくるんだろう。
まるで「なにもかも君のために準備しておいたよ」とでもいうように。

サヨナラホームラン、歓喜のあまりランナー追い越しちゃったりして。

「今日のヒーローはぼくじゃない、みんなです!」

この人は、なにかに魅入られているのか。



再編問題の中で、常に選手・ファンの声を聞き、届け、自らの言葉を発し、昼も夜も闘い続け、そしてファンからの激励に涙する古田選手会長。

再編について、ストについてなにも語らず、ファンが手を叩いて喜ぶプレーをし、「これからはパリーグです!」「やったぜ!」と満面の笑みで叫ぶ新庄選手。


どちらからも、すさまじい勇気とか感動とかを
私たちはもらっている。


ストによる、ファンの野球離れ-
私も煽られて不安になったこともある。

でも、なんだかよくわからないけど。

やっぱり野球が好きなんだって思った。
やっぱり野球はなくならないんだって思った。

なにを根拠にと言われたら、よくわからないけど。
[PR]



by namit100 | 2004-09-21 01:39 | 野球をみる

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

画像一覧