しつこいくらいにくりかえすのは。

渡辺恒雄氏、会長就任内定のニュースが流れてから
1週間が経とうとしています。

私は「ウザイ」という言葉が大嫌いなのですが、
渡辺さんが帰ってくるのは「ウザイ」としか言いようがなく。
しかし、「ウザイ」だけでは片付けられないものが
この件にはあるんだよねぇ。はぁ。


どーやら復帰を歓迎しているらしい、
そこらへんのオーナー代行やら球団代表やらのコメント。
ロッテの瀬戸山さん、あなたもですよ。
「これからもいろいろとご指導をいただきたい」って、
今、あなた自身もあなたの球団もチームも、
さまざまな努力をしているんじゃないの?
ひっかきまわすだけひっかきまわして逃げたあのおじーちゃまに
今さらいったいなにをご指導いただこうと?
自分のチームに都合のいいように球界を牛耳るやり方でも
教わるつもり? まさかね。

もぉ、ほんと、カンベンしてくれよ。
「球界には、もう、あなたの居場所はありませんよ」って
誰か言ってくれる人はいないのかな?
そんなに、自分たちではなんにもできないのかな?

「マイナスになるのではないか」とか、
「(改革の流れに)影響はないと思う」とか、
「渡辺さんが会長になっても、方向性が変わることはない」とか
言ってる球団関係者もいるけれど(なぜかセリーグばっか)、
そんな程度じゃ足りないんだ。「ジャマ」って言ってほしいんだ。


仁志選手やら球団関係者やらなんやらが
「いい刺激になるかも」「きっかけになるならなんでもいい」
・・・なんてことを、言っているとかいないとかいう話。
やけに歯切れ悪い書き方をしているのは、
それが書かれていた記事が「夕刊フジ」だからであって、
当然、事実かどうかはアヤしすぎる・・というか、
お得意の「電波」と呼ばれる記事であると思いたい。

読売巨人軍の取締役会で‘渡辺会長’が決まったということで、
実際のところ、球団関係者や現場の人たちがどう思っているかは
まったくわからない。けど、もしも、
「迷惑」だとか「やめてほしい」だとかって気持ちがあるのなら、
それを表明してくれるといいのになぁ・・などというのは、
まぁ、現実的には難しい話なんだろうけど。

以前ちらっと話題に出ていた「Number」626号、
(日本野球の25人、ベストゲームを語る、の号です)
そこに載っていた読売新聞の広告。

『最後の一球まで野球はわからない、と思わせる試合を。
 野球は数字を超えたゲームだ、と思わせる試合を。
 のんびり弁当なんか食べていられない、と思わせる試合を。
 フィールドにいるのは普通の人間じゃない、と思わせる試合を。
 そのひたむきさが野球の神様を味方にした、と思わせる試合を。

 選手が野球を新しくする。ジャイアンツ1 』

だったら、ミセリ投手を解雇しないほうがよかったね、
というのはおいといて。


この広告に書かれていたことは、いったいなんだったんだ?
ただのキレイごとみたいに見えるけれどさ、
「本気でそういうの目指してんの?」って感じだけれどさ、
ほんとにそうなるといいよなぁって、一瞬でも思ったよ、私は。
でも。結局は、ただの耳障りのいい広告だったんだね、これって。
「選手が野球を新しくする」と言いながら、
渡辺さんと長嶋さんを復帰させる・・時計の針を戻すかのように。
残念だよ、ほんとうに。


こんなに不平不満や文句ばっかあるんだったら、
もうプロ野球なんて見なければいい。
経営者たちがファンをなめたままやっている金儲けに
これ以上のっかるのなんてやめればいい。

そうなのかもしれない。それが正しいのかもしれない。
でも、私は、野球をみることをやめないよ。
球場に行くこともやめないよ。(大した観戦数じゃないけど)

好きなチームを応援して、行けるだけ球場に行って、
目の前のプレーに感動したり喜んだり悔しがったりするよ。
でも、昨年のことは決して忘れないし、
腹が立つことあったら、いくらでもいつまででも文句をたれるよ。

やめてしまうには、野球に愛着がありすぎるんだもん。
いろいろあっても、いつもしつこいくらいにくりかえすのは、
「やっぱり野球が好き」 そういうこと。

渡辺のおじーちゃんやら、
その復帰を歓迎するようなおとりまきやらに、
この気持ちを奪われてたまるか。


・・そんなことをぐだぐだと綴っている本日、6月13日でありました。
[PR]



by namit100 | 2005-06-13 22:07 | 野球におもう

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

画像一覧