土日、試合ありません。

延長につぐ延長となった協議・交渉の末、
プロ野球初のストライキが決行されることとなりました。

ネット上に殺到したニュースの中のひとつ

選手会の要求(3)、なかなか大胆です。
もっと言えって感じです。


会見のニュースを見ました。

新規参入について、緩和・促進の方向に向けた提案はされたものの、
「来季に向けて」「最大限の努力をする」という言葉が出なかった、
それがストライキ決定のポイントであったようです。

「あいまいな表現では妥結できない」
古田選手会長の言葉、その通りです。
あいまいな言葉を認めてしまえば、また今までの繰り返し。
だからこそ、言葉にこだわらざるを得なかった古田選手会長。
騙し討ちを許さない、今回はその姿勢を崩さなかったんですね。

さらに古田選手会長の
「経営者側から『誠意をもって』という言葉をいただいたが、
失礼だけど、今となってはその言葉自体があいまいに感じる」
という発言が、あまりにも印象的です。

経営者側の言う『誠意』ってなんですか?

自ら「プロ野球は国民的娯楽」と言いながら、
選手にすら説明もろくにせず合併をしようとすること?

話し合いを求める選手に対して、「必要ない」を貫き、
スト危機になるまで放っておくこと?

「選手は全員再雇用するのにストするのは不思議」とか言うこと?

協議や会見では、いいこと言っておいて、
その舌の根も乾かないうちに「んなわけねーだろ」って発言すること?

たらればの話をしてもしかたないけれど、
今まで本当に「誠意をもって」選手会に相対してきていたとしたら、
決して明日・明後日の試合がなくなるなんてことにはならなかった。

経営者側はストライキについて「遺憾」とか、
「損害賠償、請求する」とか言ってる場合じゃないでしょう。
このストライキは、あなたたちの責任です。

中日-巨人戦も、プレーオフのかかったロッテや日ハムの試合も
2日間ストップです。
ファンは悔しい。残念。試合やってほしかった。あたりまえです。

そういう気持ちを抱えつつ、
それでも選手会の出した決断を支持することも、
ファンにできる闘いのひとつだと思っています。
[PR]



by namit100 | 2004-09-17 23:07 | 野球をみる

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

画像一覧