今度はファイティーくん。

昨年の「合併反対」って、なんだったのでしょう。

「私たちが愛するものを奪わないで」という、
痛みや悲しみではなかったのでしょうか。

プロ野球界に身を置く人たちは、その切実な痛みや悲しみを
目の当たりにしてきたのではなかったのでしょうか。

そして、同じことが二度と繰り返されないように、
プロ野球をよりよくしていこう、と言ったのではなかったのでしょうか。

だからこそ、
「球界改革」やら「ファンサービス」やらといった言葉がとびかい、
歩みは遅くても、方向性がわからなくても、
ともかくも実践しようとしてきたのではなかったのでしょうか。

でも。今、ここで、もう一回、聞いてもいいでしょうか。

何のための「球界改革」ですか?
誰のための「ファンサービス」ですか?

「愛するものを奪わないで」という思いを粗雑に扱うのなら、
何を言おうと、何をしようと、どうやって信じたらいいのでしょうか。

**********

日本ハムファイターズの東京限定マスコットであるファイティーくんが、
いつのまにやら知らないうちに卒業扱いになっているらしいです。
数日前からあちらこちらのブログさまで話題が出ており、
問い合わせ等をされている方々もいらっしゃいます。
現在は、ざわ さまにより、
「ファイティーファンクラブ」というブログが立ち上げられています。

ファイティーくんは、当初、札幌移転の昨年から消える予定だったのが、
熱心なファンの方々の署名運動などの活動によって、
東京ドーム限定での存続が決まった、という経緯があるそうです。

私はファイターズファンでもファイティーくんファンでもなく、
当時の存続活動にもなんの関わりもありませんが、
このようないきさつがあったならなおさら、
今回の‘ファイティーくん卒業’の球団のやり方には‘?’です。

一度は「愛するものを奪わないで」という思いに応えた球団が、
このようなやり方をしたら、
少なくとも存続運動に参加した方々がどう感じるか、
わからないわけがないと思うのです。

ましてや、昨年のさまざまな出来事を見てきているはずなのに。

いろいろと事情や理由があるのかもしれません。
それならそれで、きちんと伝えることがなぜできないのでしょうか。
問い合わせに対して逃げるようなことをなぜするのでしょうか。

まずは、ファイティーくんを愛する人たちへの、真摯な対応を・・・。

**********

私、選手のサインとか、いらない。握手とか、してくれなくていい。
チアガールが踊っていなくても、わんわんがボール運んでくれなくても、
上戸彩ちゃんが始球式しなくても、ピンバッヂくれなくても、別にいい。

願うのは、いっこだけ。
自分が野球を楽しんで、たくさんの人が野球を楽しんでいられたら、それでいい。

もう、悲しいことは書きたくないのよ。
[PR]



by namit100 | 2005-03-30 00:55 | 野球におもう

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

画像一覧