カーネーションのこと(一昨日よりつづく)

明日につづく・・が、明後日につづく、になってしまいましたが。
前回のカーネーションのつづきです。
今日はこないだのグチ話はおいといて、ただの感想。

DVD、買ってきた日に「ちょっとだけ見てみよう」などと
思って見始めたら。止まらず最後まで。

いきなりリオのカーニバルみたいなねーちゃん出てきて
「なんじゃこりゃ?」
そして唐突に始まるライブ映像。
いやもう、あの5人(+ゲストの方々)がそれぞれの位置についている
ステージがうつしだされた瞬間、やられました。まじで泣きそう。

で、一曲目「New Morning」見ながら、
ずーっと小声で「うわっ」「うわっ」言ってました。
だって、みんないるんだもん。ステージで歌って演奏してるんだもん。

直枝さんはコワイ顔で歌い、
鳥羽さんは上手にギターをひき、
大田さんは暑苦しくも、ちゃんとピックなしでベース、
矢部さんはかっこいいけどドラムって暗くてよく見えない。
そして棚谷さんのキーボードはタイミングぴったり。

わぁ、ウレシイなぁ、ナツカシイなぁ、みんないるよ。

二曲目は「Edo River」、カーネーションとの出会いの曲。
さらに「60Wはぼくの頭の上で光ってる」へとつづく。

カーネーションのライブ、大好きでした。

一番の楽しみは、CDアルバムの中で、あんまり好みじゃない曲をやってくれる時。
「え~、これってこんなに良かったの?ダマされた!」って必ず思う。
で、今までたまに飛ばしたりしてた曲がとても好きになる。

それはたとえば
「車の上のホーリーキャット」であったり
「市民プール」であったり
「1/2のミッドサマー」であったり
「speed skate sightseeing」であったり
「60Wはぼくの頭の上で光ってる」であったり。

最初から「これ、いい!」ってのももちろん好きなのですが、
ライブで好きになった曲にはまた違う思い入れがあります。

そんなわけで、「60W~」のフライパンにしみじみ。
えろい「レオナルド」、熱唱「トロッコ」にもしみじみ。

「The Future Rock Show」からは、ちっちゃなiBookの画面相手に
歌いっぱなし・・・恥ずかしい。
直枝さんの振り付け、やる気あるのかないのかわからん感じがまたよいんですね~。

「アイ・アム・サル」は全部通して聴きたかったなぁ。
ノリノリは伝わってきましたけど。爆竹?花火?が噴出。

そして「夜の煙突」彼らのテーマソング(?)

歌詞カードではたった9行の詞。
それがこんな5~6分もの名曲となり、
ライブではステージ観客みんなで熱狂する曲となることに感動。

だいたい途中から頭の中ふっとんで、ただ歌い踊るだけになっちゃいます。
ライブの翌日は不思議なところが筋肉痛になったりしたものです。
おっちゃんなメンバーたちがよくやるよなぁと思うほど動きまわります。
立ってる演奏者たちがジャンプ!!のエンディング、久しぶりに見た~。ウレシイ。


ラスト、エンドロールとともに
「speed skate sightseeing」持ってくるっていうの、すごいねぇ。
この曲はインストゥルメンタルで同じようなフレーズが延々4分以上も続くので、正直CDで聴くとややタルイ感じ。
しかしライブでは棚谷さんコーナー(?)として、妙におかしい演し物になります。棚谷さん、まばたきすらしてないんじゃぁないでしょうか。
でもでも、どんなにカーネーションのライブ行っても、
これってもう二度と見られないのね・・悲しいなぁ。

敢えて、曲目のメニューを見ないようにして見たので、
「次はなに?」というライブの感じがちょっと味わえました。
(曲の合間ぶったぎれたりするのは残念だけどしょうがない)
やっぱこの5人が最高だ~。


しかし「愛のさざなみ」は入れてほしかったです。
アンコールの定番なんだけどな。島倉さんからダメって言われたのかしら。
まぁ、そんなことを言い出したら
「地球はまわる」も「コズミック・シー」も「Something's Coming」も
「愛しのリボンちゃん」も「ごきげんいかが工場長」も「Be My Baby」も
「恋の不思議惑星」も「ヘヴン」も「パーキング・メーター」も
・・・なんて、もう一回見たいのはありすぎなんだけど・・
(っつーか、全部この5人でもう一度やってほしい)


トリオになってからの音楽もよいけれど、
どうしても3人になったステージを見るのがちょっと・・でライブに行く気持ちになれませんでした。
でも、久々にライブに行きたくなるようなパワーのある映像でした。


あ、クリップ集のほうは。カーネーションのクリップって初めて見るから
どんなかな?と思ってたけど、わりとフツウでした。

ただし「Edo River」「トロッコ」にはびっくりです。
手作りですか?ってか、「トロッコ」なんて制作費100円くらいじゃぁないかと。
ぱくぱく動く紙の顔が不気味すぎて見てられません。

あと「REAL MAN」の緑星人はなんなんだ・・・。


まぁ、そんな感じでグレイトノスタルジアを感じたDVDでした。
[PR]



by namit100 | 2004-09-07 23:45 | 音をきく

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

画像一覧