冬休みはもう終わり&箱根駅伝雑感

素敵に怠惰な日々は、あっという間に終わり、
1月4日が土曜日な年に早くならないかなぁ・・
などと、非建設的な思いをめぐらせている本日です。
・・・なんて言っても、私の場合は、まだまだ明日は
本格的仕事始めではないんですけど。ごめんなさい。
世の中のまっとうな社会人のみなさま、お疲れさまです。

今日も昨日にひきつづき、箱根駅伝など見つつ。
しかし、見ながら一緒にあーだこーだ言う人がいないと
けっこう退屈するもので、ちょこちょこと家事その他やりながら
片手間に見るのが、復路の例年。

昨日「往路優勝を狙った」という‘東海さん’の監督の談話を聞いて
「じゃぁ、復路はめためただね、きっと」と言っていた私たち、
確かに順位はずいぶん下がってしまったけれど、
思ったよりめためたではなかったですね。失礼しました。

やっぱり駒澤大学ってば強かった、というのはおいといて、
(これまた失礼ですね。ごめんなさい)
シード権争いの白熱ぶりがなかなか印象的なのも、
また箱根駅伝らしいところ。

あとちょっとのところで追いつけずに11位でゴールした
早稲田のアンカーさん、
ゴールの瞬間に、待ちうけていた仲間に手を合わせた姿に
思わず涙がこぼれてしまった、センチメンタルなお年頃の私です。

んで、その早稲田のアンカーさん、ゴール後号泣してました。
最後にやってきた14年ぶり登場の明治のアンカーさんも、
ゴールする前から泣いてたし。
スポーツする男の子って、よく泣くなぁ。
感情が素直に出る人が多いのかなぁ。

そうそう、ゴールの瞬間といえば、優勝校の場合、
アンカーの人が、ゴールするやいなやいきなり胴上げされる光景が
いつものことながらオソロシイ。
20km以上走ってきて、やっと着いたと思ったら休む間もなく
空中に放り投げられるって・・・いや、そりゃ嬉しいだろうけど、
自分だったらたまったもんじゃないって、いつも思います。はい。

それにしても。
駅伝の中継が年々うっとうしくなってきている気がするここ数年。
まぁ、野球中継もオリンピック中継もそうだから、
テレビ局(特に民放)全体の傾向なんだろうけれど。

野球中継は音声切って見ることも多いんですが、
さすがに駅伝でまったく音声がないと不気味なので
すんごい小さい音にしてたんだけど、
アナウンサーによっては、ヘンに力入りすぎてて、ねぇ。
別にアナタの叫び声を聞きたいわけではないのだよ。

淡々と中継してください、と言っても、もはや無理かもしれないけど、
せめて「大変な!ことが!起こっています!」とか
意味もなくビックリマーク入れて叫ぶのはやめてほしいです・・。
[PR]



by namit100 | 2005-01-03 22:58 | 毎日のそんなこんな

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

画像一覧