メジャーに行きたい選手へ、ワガママ言わせて。

メジャーに行きたい!って選手の話で、
「もっと上のレベルで自分の力を試したい」
というような言葉をよく聞きます。

私は、メジャーリーグのゲームをほとんど見ないし、
メジャーについて知らないので、大きな声では言えないのですが、
こういう言葉を聞くと、
メジャーのレベルって、日本と比べてそんなに上なの?
言いかえれば「日本ってそんなに卑下するようなレベルなの?」
と、思ってしまいます。

野茂投手がメジャーリーグに行った時には、
大リーグは、ただただすごいところだと思っていたし、
そのすごい舞台で力を出して認められている
野茂投手ってば、めちゃめちゃすごい!って感じでした。

その感覚がなんとなく変わっていったきっかけは
長谷川投手の存在でした。
「やれるのかなぁ?」と言われながらメジャーに行き、
エンゼルスでは中継ぎというポジションもあってか、
スポーツニュースでも微妙に扱いは小さくて、
「長谷川は2回を投げて失点0、勝敗はつきませんでした」
みたいなのばかりで、活躍しているのかどうかも定かではなく。
でも、毎年エンゼルスで中継ぎとして投げ続けているんだから
チームにとって必要な選手になっているんだろう、
と考えている間に、どんどん実績を挙げていったんですね。

けっして、ものすごいピッチャーではなかった長谷川投手が
メジャーでの実績をつくっていったのは、
‘強さ’ではなく‘適応力’によるものだった、という話に
私は大変感動しました。と同時に、
メジャーリーグって、別に、
雲の上みたいなレベルのところではないのかも、と思い始めたり。

もちろん、野球発祥の地、アメリカでの野球は
「本場」というに値するものだろうし、
日本の野球選手がメジャーに行って、「これはすごい」と思ったり、
学んだりすることもものすごく多いでしょう。
野球に対する姿勢や考え方、チームのあり方、トレーニング法、
ファンとの関係、組織の構造、施設・・・挙げたらきりがないですけど。

けど、それらは単なる「違い」なんじゃないのかなぁ。
「レベルの差」と言っていいものなのかしら?
少なくとも、日本の野球のレベルをメジャーと比べて
必要以上に卑下することはないように感じます。


「違い」の中で適応していくことは、
常に自分をバージョンアップしていかなくてはならない、
大変な努力と志をもってのものだと思います。
それを「もっと上のレベル」と言うのならば、
確かにそうなのかもしれません。

でも、常に自分を高める努力とか志とかって、
日本のプロ野球でやっていく上でも
あたりまえに持っているはずのものだとも思うのです。
まだ、こんなゴールがある。まだ、こんな自分になれる。
それは、日本のプロ野球の中でも追い求めることができる、と。

イチロー選手や松井選手がメジャーに行くのが
当然のように受け取られたのは、日本の中で追い求めるものを
やりつくした感があったからでしょう。


「もっと上のレベルで」と、メジャーを志す選手の眼に、
日本の野球はどのように映っているのか?
日本の野球の中に身をおく自分はどう映っているのか?

もし「日本はレベルが低いからメジャーに行きたい」と、
本気で思っている選手がいるとしたら、
あるいは「ここでもう自分が追い求めるものはない」と、
そこそこの成績で思っている選手がいるとしたら、
それは、自分自身を、自分がプレーしている日本の野球を、
なめてるんじゃないかなぁ。


野球をやっている選手にとって、
本場アメリカのメジャーリーグが夢なんだっていうのは、
素直にわかります。
実際にその夢を実現する機会も目の前にあるならば、
行きたくて行きたくてたまらないことでしょう。

けれど、自分がやってきた日本の野球に、
その中で自分が目指してきたものに、
敬意のようなものを持っていてほしい、
誇りを持っていてほしい、
そんな風に思います。一ファンのわがままですけど。
[PR]



by namit100 | 2004-12-30 23:49 | 野球におもう

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

画像一覧