地震後の東京(のはしっこ)生活。

年度末も目前というのに、寒い日が続きます。
例年ならば、ちょっと涼しい・・と思いつつも、
やややせ我慢な薄着モードに入っていく私ですが、
今年はまだタートルのセーター着てます。
年々寒さに弱くなっていくのはなぜだろう、なぜかしら。
トシのせいとか言わないよ、うん。(言ってるようなもんだ)

今日も風が強くて寒い中、地震があってから初めてスーパーに行ってきました。
「スーパーに物が売ってない!」とか、
「棚がからっぽ!」とか、
「朝から並ばないと!」とか、
「買いだめがすごい!」とか、
地震以降はそんなような言葉ばっかが聞こえてきて、
18:00くらいじゃないと買い物に行けない私はどーせ負け組だしぃ・・
と、開き直ってスーパーに行くのやめてたのですね。

冷凍庫には少しだけお肉やお魚が入っていたし、
週に1回生協がくるし(この事態で欠品もそこそこありますが)、
お米はいつも配達お願いしているお米屋さんで普通に買えたし、
いつも週末に行っている安い八百屋さんでお野菜も買えたし、
そーなると、案外スーパーに行かなくても2週間なんとかなるもんでした。

で、スーパーに行ってみて。
あ、本当に納豆がない。卵がない。
牛乳がない。小さい紙パックのジュースがない。
紙おむつがない。トイレットペーパーがちょっとだけ。
ペットボトルの飲み物は少なめ。パンは復活している。

へー、ウワサ通りだなぁ、と、妙に感心。
でも、久しぶりのスーパーでちょっとテンション上がって、
3000円分以上買い込んでしまったのでした。
いろいろないものがあっても、こんだけ手に入るなんて、
なんて幸せなことなんだろう。うん。

******
今週は水道水問題の東京でした。

水曜の夕方「乳児の基準の2倍のヨウ素」というのを知って、
はてさて、うーん・・・と悩んでしまいました。

というのも、
乳児というのは1歳未満。
我が家の娘たちは3歳と1歳。
『乳児の基準』と『3歳または1歳の基準』とでは、
いったいどれくらい違うものなのかがよくわからんのです。

そしてさらに、
大人なら問題ない量なので、私は平気なはずなんですが、
現在性懲りもなくまたもや腹の中に人が入っていたりするので、
『大人の基準』で考えるべきか『乳児の基準』で考えるべきか・・・

まぁ、今日のところはとりあえず慎重にいってみるか、
という結論に達したものの、家にはペットボトルの水などありません。
帰り道にコンビニ行ってみても、まぁそんなの残ってるわけないよねぇ。
もちろん、大通り際の自販機の水も売切れ。みんな反応早いなぁ。
しかし、家の近くをうろうろしてみると、
まだ500mlのお水が売っている自販機がいくつかあって、
自分で売切れになるのはイヤなので、3カ所で1本ずつゲット。

実家から「お水送ろうか?」と電話があり、
「まぁ様子見てからね」と返事をしておいたら、
お姑サンからは「お水送ったから」の電話をもらって恐縮しきり。
っていうか、お姑サンちの方が福島に近いんですけど・・
「年寄りにはあんまり影響ないのよ」とけらけら笑っているのでした。

今、うちの中ペットボトルだらけ。たまらん。
飲む用と、汁物・煮物・炊飯にしか使ってないので、案外減らないのね。
しかし、うちの娘たち、ペットボトル水になった途端にお腹壊しました。
軟水なんだけど・・・とことん安上がりな身体してるみたい。
[PR]



by namit100 | 2011-03-27 00:25 | 毎日のそんなこんな

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

画像一覧