コーエンくさい。

つい先日のこと。
同居人が
「ブラピが出ているオバカ映画らしい」
と言って、借りて来たDVDを観ていたので
一緒に観ていましたら、あれれ?何かひっかかる感じが。

「もしかしてこれってコーエン兄弟の映画かな?」
と聞いてみると
「そうみたいだけど・・観たことあるの?」
いや、ないけどね。
なんだかコーエンくさかったのよね。
台詞の感じだとか間だとか展開だとか役者さんだとか。
コーエン臭がぷんぷんと。

と言っても、最後に観たコーエン兄弟の映画って
「バーバー」だったから、もう6、7年前かしら。
それでも独特の感じがすぐにわかるってことは、
最近、アカデミー賞の作品賞を取ったりもしていたけど、
別に映画のつくりが変わったわけでもないのですね。

コーエン兄弟の映画がけっこう好きだった私としては、
まぁなかなか楽しんで観たわけですが、
借りて来た同居人にはビミョウだったようで、
「レンタルで良かった。映画館で観てたらちょっと・・」
だそうです。
確かに、この映画を
『ブラピが出ているオバカ映画』
という認識で観たら、そういう感想になるだろうなぁ。
っていうか、この映画って、
そういう認識になるような宣伝・売出しをしていたのかな。
こんなにコーエンくさいのに。

かつて「ファーゴ」を観た友人が
「映画を観てこんなに眠くなったのは初めて。
 映画には起承転結をちゃんとしてもらいたい。」
と言っていたことを思い出しました。
起承転結らしきものは一応あるんだけど、
ずるずるというか、あれよあれよというか、
淡々と思わぬ方に転んでいくからねぇ。
私としてはそのあたりが好きなんだけど、
特に今回のは「結」があっさりしすぎではあったかも。

それにしても、
撃たれる直前のブラッドピット氏の笑顔は最高でした。
マクドーマンドさん、えらい顔長くなってました。
そして私のマルコヴィッチはおじーちゃんになってきました。
でも好き。

あ、そういえば映画のタイトル書いてなかった。
「バーンアフターリーディング」
読んだら燃やしてね→機密文書?
しかし、yahooさんの翻訳では、
「読書の後の火傷」だそうです。なんじゃそりゃ。
[PR]



by namit100 | 2009-11-11 10:10 | 映画をみる

仕事と育児に追われる毎日にウルオイを!求めつつもちっとも更新できてませんブログ byなみ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

画像一覧